ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その122 » 落花狼藉(魔木子)

262 名前:本当にあった怖い名無し :2011/06/06(月) 01:10:51.26
お椰にはお気に入りの豆腐屋があった。
そこは子供のいない夫婦が営んでいる店でどちらも信心深く真面目な善人。
旦那は子供の頃の事故で種無しになり、種なしな上にきつくて儲からない豆腐屋に
嫁にくる物好きいねーよなwというところに男恐怖症なおかみさんが嫁いできて
セクロスできない同士仲良くやっているとのこと。
ちょうどその頃の江戸の街は大不況で田舎から出稼ぎに来たはいいが
解雇され帰るに帰れなくなった無宿人(今で言うホームレス?)が溢れかえっていた。
その為江戸の街は治安が悪くなっており、人のいいおかみも
店におこぼれを貰いに来た無宿人たちを普段からは考えられない程こっぴどく追い払っていた。
あまりに邪険なやり方にお椰は夫婦が逆恨みに遭うのではないかと心配する。
その夫婦は毎朝毎夕近くのお寺にお参りに行く習慣があったのだが、
ある日待ち構えていた無宿人たちが夫婦を捕らえ旦那を縛り付け
おかみを目の前で林間する事件が起きた。
たまたま通りかかったお椰が助け、無宿人たちは逃げるが時すでに遅し。
豆腐屋のおかみが無宿人らの恨みを買ってまわされたという噂が広がる。
当時は例え女側に非がなかったとしてもレイプされた方が悪いとされ
夫婦は辛い立場に追い込まれた。

263 名前:本当にあった怖い名無し :2011/06/06(月) 01:12:06.62
義憤にかられたお椰は恋人京弥のコネを使い(実は将軍の公では認められていない子ども)
奉行所におかみを林間した無宿人たちに厳罰を与えるよう訴え出る。
お椰の証言により捕まった無宿人たちは首まで埋められ餓死させられる刑を与えられた。
そしてその刑を見届けた際、息も絶え絶えな無宿人が
「俺たちは頼まれてやっただけなのに…」と呟いているのを耳にする。
真相を確かめに豆腐屋に出向くお椰。
そこで二人は意外な事実を話し出す。
・おかみの林間は確かに旦那が無宿人達に金を払って頼んだ事。
・このような林間劇は実は初めてではない。
・最初の一回は確かに逆恨みによる仕返し林間だったが、その時男嫌いのはずのおかみは感じてしまい
男の機能はとうに無くしたはずの旦那も確かに男の悦びを感じた。
・おかみは子供の頃レイプされた事があり、それ以来性的なものは
切り離して生きてきたが、林間をきっかけに女の悦びに目覚めた(復活した)
・しかしどんなに愛し合っていてもお互いで性愛を満たすことはできない。
そこでおかみを林間させることで二人は間接的セクロスとして気持ちを満たしていた。

お椰がおかみを純粋な被害者だと思い込み、よかれと思ってやった事が
かえって夫婦を傷つけ、自分達のせいでたくさんの無宿人が死んでしまった事実に
罪の意識を感じて夫婦は冬のある日川で入水自殺したのだった。
世間では妻が傷物にされたのを恥じ入って自殺したんだろうと言われていた。

お椰も夫婦も無宿人も悪くないのが後味悪い要因だろうか。


264 名前:本当にあった怖い名無し :2011/06/06(月) 01:39:46.80
終始お椰が余計な事をするというだけの話のように思える

265 名前:本当にあった怖い名無し :2011/06/06(月) 01:57:27.11
基本余計なおせっかいするけど、それが上手い方向に転がるときもあり、そうじゃない時もあり…

267 名前:本当にあった怖い名無し :2011/06/06(月) 09:05:46.80
種無しというよりEDだったのかな

268 名前:本当にあった怖い名無し :2011/06/06(月) 12:54:13.92
>>264
これ以外にも似たようなパターンあるのでいい加減イラッとする時もあるw

>>267
書き方悪かった
旦那は事故で男性器そのものを失ってるんだよ
だけどおかみがまわされる姿に興奮し幻痛みたいな感じで幻の快感を味わったと
おかみの方は完全に心理的なものだね

 

お江戸くノ一 変化のお梛事件帖 蓮華往生 (まんがグリム童話)
お江戸くノ一 変化のお梛事件帖 蓮華往生
(まんがグリム童話)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...