ホーム » 小説 » 小説/か行 » 家畜人ヤプー(沼正三)

921 名前:本当にあった怖い名無し :2011/07/09(土) 01:37:50.04
「家畜人ヤプー」
日本人男性・麟一郎とドイツ人女性・クララは恋人同士。
未来から時間旅行に来て事故にあった白人女性ポーリーンを助けたことから運命は大きく変わる。
ポーリーンが住む未来世界では白人が絶対的存在として君臨し、
黒人は奴隷、そして日本人(黄色人種は日本人しかいない設定)は
人間ではなく“ヤプー”という動物として扱われていた。
品種改良や改造を施され小人化させて機械の動力としたり
巨人化させて馬のように乗るのは当たり前、食用や“セッチン”という
生きている便器や生きたオナニー用具にまでされている。
しかし彼らは嫌々やらされているのではなく、「神様(と教えられている)にお仕えできて光栄」
排泄物や汚物も「神様から与えられたありがたい施し」と
心の底から歓喜している。
そんな世界から来たポーリーンにとってはクララと麟一郎の恋など獣姦にしか見えず
クララを目覚めさせるため二人を未来世界へと招待する。
白人のクララは最高級のもてなしを受けるが、日本人の麟一郎は改造された上に去勢されてしまう。
結局クララは未来世界の思想に共鳴しそこに残ることを決意、同じ白人男性と結婚する。
麟一郎も元の世界に戻らずクララに仕えるヤプーとして生きることになった。

 

家畜人ヤプー (角川文庫)
家畜人ヤプー
(角川文庫)
家畜人ヤプー〈第1巻〉(幻冬舎アウトロー文庫)(全5巻)
家畜人ヤプー〈第1巻〉
(幻冬舎アウトロー文庫)
(全5巻)(続編含む完結版)
劇画家畜人ヤプー【復刻版】(全4巻)(漫画)
劇画家畜人ヤプー【復刻版】
(全4巻)(漫画)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...