ホーム » 小説 » 小説/か行 » 公然の秘密(安倍公房)

339 名前:本当にあった怖い名無し :2011/07/20(水) 12:06:50.54
学生時代に国語の教科書に載ってた「公然の秘密」って話。

とある街で「用水路には子象がいる」という「公然の秘密」があった。
もうとっくに死んでしまったものと思われていたが、ある日そこから出てきてしまう。
あちこち腐りかけ、痩せてハリボテのような子象は食べ物を求めて街をうろうろする。
そんな子象を住人は見て見ぬ振りして誰も手を出さなかった。
そのうち一人が子象に向かってマッチを投げる。
美味しそうに食べる子象を見て次々とマッチが投げられる。
そのうちライターや火の着いたマッチも投げられ、
子象が燃えていくのを人々は遠巻きに囲んでただ見ていた。

子象がそこにいる理由とか、街の事情とかなにも分からないから
ただ残酷な住人たちとしか思えずもやもやする。


340 名前:本当にあった怖い名無し :2011/07/20(水) 12:38:30.72
どういう寓意のある物語なんだろう。エグイなあ

344 名前:本当にあった怖い名無し :2011/07/20(水) 13:25:22.12
>>339
ぞうが気の毒すぎて真昼間から胸糞なことこの上ねぇー
マッチ食わすな!人間はほんとにろくでもないな!!

345 名前:本当にあった怖い名無し :2011/07/20(水) 13:28:35.14
まあ作り話ですからね!
ホントはぞうさんがいたら子供はワーイワーイだし
近所のおばはんが「菜っ葉とか食うかしら」とか言いながら野菜だの持ってくるし
おまわりが呼ばれて無線で「どうしましょう」とか上司に相談するし
おっさんが「お!なんだ!メスかオスか?」とか言って股間覗いて嫁に怒られる
ぞうもパオーンってなもんですよ。現実のほうが意外とね!意外といいかんじ!

347 名前:本当にあった怖い名無し :2011/07/20(水) 13:35:12.09
ぐぐってみたら安倍公房か。原文読んだらさらに後味最悪だしなんなのエグイ
腹をすかせた動物に悪さする系はマジでアカン

 

笑う月 (新潮文庫)
笑う月 (新潮文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...