ホーム » 小説 » 小説/さ行 » 死の影(倉阪鬼一郎)

836 名前:本当にあった怖い名無し :2011/08/02(火) 18:33:20.31
昔読んだホラー小説。

高層マンションを舞台にしたパニックもので、主人公は売れない小説家。
久野麻亜子(漢字はうろ覚え)という恋人がいる。
二人で住むために破格の値段で売りに出ていたマンションの一室を購入するが、
入った直後から異様なトラブルが続き、主人公は真相解明のために奔走する……という内容。

結局、マンションは悪魔が作ったもので、たくさんの人を一カ所に集めて、
いっぺんにたくさんの命を奪うための装置だった……というようなオチで、黒幕は主人公の恋人、麻亜子。
どうして主人公がそれに気付いたかというと、
久野麻亜子

くのまあこ

あくまのこ

悪魔の子

というアナグラムに気付いたから。
何と言うか、脱力してしまった。


837 名前:本当にあった怖い名無し :2011/08/02(火) 18:39:21.40
ヘコー

838 名前:忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/08/02(火) 18:47:28.89
違う意味で後味悪いw

839 名前:本当にあった怖い名無し :2011/08/02(火) 18:54:20.81
>>836
倉阪鬼一郎だな。タイトルは忘れた。
この人はアナグラムを多用する作家で、それが作品のオチになってることが多いから
分かってると「そんなもんか」で済むんだけどいきなり一冊だけ読むと確かに脱力するだろうなぁw

843 名前:本当にあった怖い名無し :2011/08/02(火) 20:51:10.55
>>839
それどんな倉阪鬼一郎だよと突っ込みかけたらほんとにそうかw
バカミステリーで有名な人だよね
読んでる途中で真相に気付くがまさかそんな馬鹿なこと…と思ってたらほんとにそうで笑ってしまう。
ヒント出しすぎw

文字禍の館とか視覚的な実験してて面白かったよ
人を選ぶ作家だよね
>>836には絶対お勧めできない
ガッカリする事請け合いだから

 

死の影 (ワンツーポケットノベルス)
死の影 (ワンツーポケットノベルス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...