ホーム » 小説 » 小説/や行 » 藪の中(芥川龍之介)

606 名前:藪の中1 :2011/08/25(木) 15:31:12.68
じゃあ芥川龍之介の「藪の中」、あらすじは転載させてもらった
http://nrkakutagawa.web.fc2.com/index.html

舞台は平安時代。藪の中で起こったある殺人事件の関係者が証言、告白するという
構成になっている。

男の死体の第一発見者、「木樵(きこり)の証言」
死骸には胸に刺し傷はあったものの凶器は見当たらなかった。
遺留品は縄と女物の櫛だけであった。 と。

その後、殺人が起こる前日に男と馬に乗った女に会った。「旅法師」、
男の衣服を着て太刀と弓矢を持ち馬に乗った盗人「多襄丸(たじょうまる)」を捕らえた
「放免(ほうめん)」。

続いて、「被害者の妻の母親媼の証言」
死体の男の名は若狭国国府の侍で、金沢武弘(かなざわのたけひろ)。
女はその妻の真砂(まさご)で、自分の娘でもある。女は未だ行方知れずである。

などと、語った。
ここで、いよいよ当事者3人の証言となる。

「多襄丸の白状」

男を殺したのは私である。
自分は、昨日あの夫婦を見かけ、その女に惹かれ、男は殺しても、奪ってやろうと、決心した。
夫婦を山中へ連れ込み、油断した男を木に縛りつけ男目の前で女を犯した。
最初は男を殺すつもりはなかったが、女がすがりついてきて、2人の男に恥を見せるのは
忍びない、生き残った男の妻になりたいと言う。
男の縄を解いて、太刀で勝負する事にした。争った末、男を刺し殺した。
気がつくといつの間にか女の姿は消えていた。


607 名前:藪の中2 :2011/08/25(木) 15:32:24.27
「清水寺に来(きた)れる女の懺悔(ざんげ)」

わたしは手ごめにされた後、思わず夫の側へ、転(ころ)ぶように走り寄りました。
夫は、その刹那(せつな)の眼に、怒りでもなければ悲しみでもない、
ただわたしを蔑(さげす)みの底に、憎しみの色を見せているのです。

「あなた。もうこうなった上は、あなたと御一しょには居られません。
わたしは一思いに死ぬ覚悟です。しかし、――しかしあなたもお死になすって下さい。
あなたはわたしの恥(はじ)を御覧になりました。
わたしはこのままあなた一人、お残し申す訳には参りません。」

「ではお命を頂かせて下さい。わたしもすぐにお供します。」

そして、夫の胸へ、ずぶりと小刀(さすが)を刺し通しました。
その後、私は、小刀(さすが)を喉(のど)に突き立てたり、山の裾の池へ身を投げたり、
いろいろな事もして見ましたが、死に切れずにこうしているのです。


608 名前:藪の中3 :2011/08/25(木) 15:34:25.03
「巫女(みこ)の口を借りたる死霊の物語」

盗人(ぬすびと)は妻を手ごめにすると、いろいろ妻を慰め出した。
妻はうっとりと顔を擡(もた)げた。おれはまだあの時ほど、美しい妻を見た事がない。

「あの人を殺して下さい。」妻はそう叫びながら、盗人の腕に縋(すが)っている。

盗人は静かに両腕を組むと、おれの姿へ眼をやった。

「あの女はどうするつもりだ? 殺すか、それとも助けてやるか?」

おれはこの言葉だけでも、盗人の罪は赦(ゆる)してやりたい。と思った。
妻はおれがためらう内に、何か一声(ひとこえ)叫ぶが早いか、たちまち藪の奥へ走り出した。
盗人も藪の外へ、姿を隠してしまった。
藪の中に一人残された私は世を儚んで、妻が落とした小刀を使い自刃した。

と・・・真相は、「藪の中」というわけだ。

ちなみに「MISTY」というタイトルで映画化されたが真砂を天海祐希がやってて
色っぽかったなーと
ラストシーン、真砂がこっちを振り返って謎の微笑を見せるんだが
やっぱり真相は分かりません

 

羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇 (文春文庫―現代日本文学館)
羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇
(文春文庫―現代日本文学館)
MISTY~ミスティ~ [DVD](映画)
MISTY~ミスティ~
[DVD](映画)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...