ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その124 » 怨み屋本舗(栗原正尚)

789 名前:本当にあった怖い名無し :2011/08/31(水) 15:18:34.37
「怨み屋」であった話。
「怨み屋」は大金を支払う事で怨みを持つ人に代わり、
相手に復讐を行い社会的に抹殺したり、実際に殺したりする。
そんなある日、怨み屋はある男性から依頼を受ける。
その男性は何の心当たりもないのに、妻から不倫をした、と怒られ離婚問題にまで発展していた。
誰がそのような事を言ったのか、という事を調べてほしいという事だった。
そして、調査の結果、その男性が勤めている会社で働いている女性が犯人だった。
その女性は職場で少し男性に優しくしてもらった事がきっかけで
自分に惚れていると勘違いし、そのような事を行ったのだった。

最終的に怨み屋によってその女性の社会的抹殺に成功し、男性も不倫疑惑が晴れ、妻も勘違いした事を謝ってくれた。
けれど、男性は自分が何度も否定したのに妻が信じてくれなかった事がショックで、
いずれまた同じ問題が起きるかもしれない、と離婚を示唆する感じで終わり。

 

怨み屋本舗 全20巻 完結セット (ヤングジャンプコミックス)
怨み屋本舗 全20巻 完結セット (ヤングジャンプコミックス)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...