ホーム » 小説 » その他書籍 » 投影

302 名前:本当にあった怖い名無し :2011/09/19(月) 00:57:26.97
道徳の教科書つながりで
ある男性が寝台列車の一人旅をしていて食堂車で夕飯をとっていると
大きな人形を抱えた老夫婦が隣に座った
妻はそれをちゃんと呼び、膝に乗せてご飯を食べさせ(るふりをし)ながら
夫もそれにあわせてゆっくり食事をしていた
語り手の男性も奥さんがにこにこ「この子可愛いでしょう~?」などと
話し掛けてくるのに頑張って相槌をうちながら会話していた
やがて長い食事が終わり、二人が個室に戻る
去りぎわに夫がこちらに丁寧におじぎをした
恐らく二人の亡くなった子を投影しているんだろうみたいな
語り手のモノローグがあるんだけど想像してどんよりした

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...