ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その125 » ばらのためいき(高階良子)

729 名前:本当にあった怖い名無し :2011/10/03(月) 18:55:31.89
漫画でごめん。うろ覚え
主人公(男)は、ある日異様に塀の高い屋敷の庭で美少女エレに出会う。
エレと話している内に仲良くなるが、強面の執事と母親に見付かり、家の中に連れ戻されてしまう。
その時の余りの剣幕にエレを心配した主人公が、
屋敷に忍び込んで見たものは、許しを乞うエレの顔を、水瓶に漬ける執事と
「塀に近寄ったら駄目と言ってるのに、近寄った貴女がいけないのよ」と怒る母親。

だがエレの余りの苦しみに見て居られなくなった母親が、執事を止め、泣きながら
「塀の外は恐い物ばかりなの。私の側にいれば、何も恐くない。守ってあげる」とエレを抱き締める。
主人公は堪らずエレを奪い取り、自分がエレを連れて帰り、幸せにする。あんた達がやってる事は虐待だ!と罵る。
執事と母親は虐待現場を見られた事に慌てるが「エレは籠の鳥。貴方にもすぐ分かるわ」と謎の言葉を吐く、
それを聞き流して、エレを連れ出す主人公。
だが、初めて見た塀の外の世界や主人公以外の人間は、
エレにとっては恐怖の対象でしか無く、ネオンの灯にすら悲鳴を上げる始末。
主人公は、これから少しずつ慣れて行こうと自分のアパートに連れて行き、アルバイトに出掛ける。


730 名前:本当にあった怖い名無し :2011/10/03(月) 19:06:13.63
主人公がアルバイトから帰ると「今迄ありがとう。私は家に戻ります」と、
恐怖に耐えきれなかったエレからの書き置き。
慌てて外に飛び出し、探すがエレはもう家に戻っていた。
母親は何もかも見透かした顔で、戻って来たエレを抱き締め
「外は恐い世界だったでしょう?貴女は私の籠の鳥。私の側に一生居なさい。可愛い、私のエレ」
と勝ち誇った笑い声が響く中、涙を流しながら抱き締められるエレ。

主人公は書き置きを持ったまま立ち尽くし、膝をついてうなだれる

モノローグ

あの母親の元に、愛の牢獄に籠の鳥として戻っていったエレ

彼女はそこから二度と出ては来なかった。

現実にありそうな虐待と、このモノローグが今でも心に引っ掛かってモヤモヤした。


734 名前:本当にあった怖い名無し :2011/10/03(月) 20:41:49.49
>>729
懐かしい!高階良子の短編だ。
タイトルは「ばらのためいき」

 

高階良子選集 9 メディアの薔薇 (ボニータコミックスα)
高階良子選集 9 メディアの薔薇
(ボニータコミックスα)
地獄でメスがひかる (講談社漫画文庫―高階良子傑作選)
地獄でメスがひかる
(講談社漫画文庫―高階良子傑作選)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...