ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その125 » ゴールデンスランバー

977 名前:本当にあった怖い名無し :2011/10/10(月) 02:06:11.53
先日テレビでやっていた映画「ゴールデンスランバー」
無実の罪で首相暗殺犯に仕立てられた青年が逃げまくる話。
どうやら国家権力がらみらしく警察もまるごと主人公を消そうとする。
絶望的な巨悪を前にして、一方で主人公を助けようとする人達もいた。
ラストは逃げ切って整形手術で顔を買え、家族や友人にだけ分かるような印を残していく。

絶体絶命のピンチから逃げ切るところははらはらさせられて面白かった。
最後は逃げ切ることが出来た。
だけど結局主人公のそれまでの仕事、家族、人生は失われたし、
友人や、関わった人が何人も死んだ。
主人公の替え玉が水死体で発見されて「暗殺事件」は終了したので、
残された両親は世間から見たら殺人犯の親で、
しかも「息子はそんな事しない」とか逆ギレしている反省もない人間。
当然嫌がらせも受けているようだ。
主人公の今後の生活の保障もなにもない。
あと、元恋人の女が主人公と別れた理由が、
主人公がチョコレートを半分こするときに大きい方を自分にくれたとか
そんな馬鹿みたいな理由で、
そんなやさしい男が理不尽な酷い目にあわされたことがかわいそうだった。

 

ゴールデンスランバー [DVD]
ゴールデンスランバー [DVD]
ゴールデンスランバー [Blu-ray]
ゴールデンスランバー [Blu-ray]
ゴールデンスランバー (新潮文庫)(原作)
ゴールデンスランバー (新潮文庫)(原作)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...