ホーム » 小説 » その他書籍 » 31年ぶりにムショを出た―私と過ごした1000人の殺人者たち(金原龍一)

167 名前:本当にあった怖い名無し :2012/03/13(火) 17:24:39.35
強盗殺人で無期懲役の判決を受け、31年ぶりに出所した人が
刑務所内での様子や囚人たちとの思い出を書いた本を読んだら
あの女子高生コンクリート事件の主犯のことも出てきたが、
その内容が予想どうりと言うか後味悪かった。

著者はコンクリ事件当時はすでに刑務所内だったので内容は新聞等でしか知らなかったが
仲間内でもどんな奴か話題もちきりだった。
だが主犯のMはいがぐり頭にあどけない表情の、まるで高校球児のようなとても
あの凄惨な事件を起こしたとは信じられないような人物だった。
とにかく明るく屈託のないひょうきんもので、通常ならあれだけ酷い性犯罪を犯すと
他の懲役囚にいじめられるのだが、Mは実力者に取り入るのがとにかくうまかった。
天性の「人たらし」というのか、その場で力を持つ人物を目ざとく嗅ぎ取り、
調子よくゴマをすり可愛がられた・・

反省もしている様子ではなかったみたいだし、世間に出てきてもこんな感じで
うまく世渡りしてるんじゃないかと思うと、何とも嫌な気持ちになる。


169 名前:本当にあった怖い名無し :2012/03/13(火) 21:04:13.52
>>167
その本読みてーな。
でも無期懲役くらうような極悪犯にマージン入るの嫌だから新品で買いたくねーわ。

こいつに限らんが、大罪犯しといてそれをネタに金稼ごうなんて、
むしが良すぎるってレベルじゃねーぞ!!

 

31年ぶりにムショを出た―私と過ごした1000人の殺人者たち
31年ぶりにムショを出た
私と過ごした1000人の殺人者たち


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...