ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 安寿と厨子王(堀泰明)

843 名前:本当にあった怖い名無し :2012/04/26(木) 20:51:02.15
既出だと思うが。

安寿と厨子王だっけ?なんか納得いかなかった。
(同じモチーフの山椒大夫はもっと酷いと聞いた。 子供向けと大人向けの違いくらい?)

うろ覚えあらすじ:
お母さんと旅していた安寿と厨子王姉弟。
ある日船に乗ろうとしたら母と別々の船に乗らされた。
いやな予想が的中して母子は離れ離れに。子供達は奴隷のように働かされた。
耐え忍んでいたある日、姉がお前だけでもと弟を逃がす。姉はおとりとなって死んだ。

逃げ延びて苦労しながらも出世した厨子王。
大人になってある日町を歩いていたら盲目の老女が歌いながら干し物をしていて、寄ってくる虫を枝で追い払っていた。
何とはなしに耳を傾けていたら姉と自分の名を口ずさんでいるではないか。
母と分かった厨子王は生き別れた母と再会できたのであった。

子供の時読んだ話だが、悪い奴は退治されてないし、姉は死ぬし母盲目だし、
ハッピーエンドというにはなんだか……


844 名前:本当にあった怖い名無し :2012/04/26(木) 21:20:49.36
あれってハッピーエンド扱いだったっけ?
どちらも泣いて悲しんだんじゃなかったっけ?

845 名前:本当にあった怖い名無し :2012/04/26(木) 21:37:52.04
働かせてた奴をあとになって討ち果たしたという筋もあった気がするな。
この筋でも確か攫った奴はお咎めなしだった気がする。

846 名前:本当にあった怖い名無し :2012/04/26(木) 21:39:39.56
>>843
さらに言えば
その姉と弟、近親相姦やってるからな
姉が誘って弟の筆降ろしをやる

847 名前:本当にあった怖い名無し :2012/04/26(木) 22:07:52.01
>844
今、チラッと山椒大夫のあらすじ見てきたが
バッドエンドというには出世してるし、なんだかなーと思ってたら
どうも仇討ち物みたいだな。(元ネタは仏教説話か?)

子供絵本にするには難あって削った挙句、謎な話になっていた、ってことか。


849 名前:本当にあった怖い名無し :2012/04/26(木) 22:48:22.67
山椒大夫には息子が何人かいたんだか、親父のまねをして主人公姉弟をいびり倒してくるやつと
親父に批判的で主人公姉弟に同情的な奴とがいるんだよな。

偉くなって山椒大夫のいる土地に戻ってきた主人公。過去の悪行を暴いて、山椒大夫とその一族郎党には
死罪を申し渡す。
そのとき当然、主人公はかばってくれた息子の方は助けて、所領も与えようとするんだけど、
「どんな理由があろうとも、親兄弟を処刑した方の温情を受けるわけにはいかない」
と言って出家しちゃう。


850 名前:本当にあった怖い名無し :2012/04/26(木) 22:55:02.95
>>846
それは知りたくなかった

 

安寿と厨子王 (京の絵本)
安寿と厨子王 (京の絵本)
説経節―山椒太夫・小栗判官他 (東洋文庫)(原作)
説経節―山椒太夫・小栗判官他
(東洋文庫)(原作)
山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)(小説)
山椒大夫・高瀬舟
(新潮文庫)(小説)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...