ホーム » 小説 » その他書籍 » ピヨちゃんの思い出

277 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/11(金) 09:18:40.42
昔、読んだちばてつやのお話。
それが今日の新聞に載ってて、懐かしいなぁと思いながら読んでたら、、
その時は気づかなかったけど結構残酷な話だなと思った。

“ピヨちゃんの思い出”
おやじが奉天の露天市場で、小さなひよこを買ってきた。
売り子に『コレはメス。成長したら卵を生む。毎日、新鮮な美味しい卵が食べられるよ』と言われたらしい。
社宅では犬や猫は飼えないし、動くおもちゃはなんてない。小さい動物と遊ぶのはとりわけ楽しかった。
「ピヨちゃん」と名付け、大喜びでかわいがった。
野菜くずを刻み米ぬかを混ぜて与え、夜は同じ布団で寝た。
可愛いもので、世話をしているとなついて僕の後をついて回る。
そのうち足にヒモをつけ、外に連れ出し散歩させたりもした。


280 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/11(金) 12:36:28.31
ピヨちゃんは成長すると、親が期待しためんどりではなく、
朝に「コケコッコー」とお声で時を告げる立派なおんどりになった。
親はとてもがっかりした。
でも僕にとっては、遊び相手。成長してからも大事に世話をした。
ある日、小学校から帰宅すると、ピヨちゃんの姿がなく、つないでいたヒモだけが落ちていた。
「外に遊びに行ったのかな。そのうち帰ってくるだろう」

281 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/11(金) 13:21:52.92
ところが、夕飯を終えた時間になっても戻ってこない。心配になって探しに出た。
「ピヨちゃあん!」
夜中まで探すのをやめない僕に、言いにくそうにおふくろが言う。
「ごめんね、もういないのよ」
つまり、先ほどの夕飯がとり鍋だった。

283 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/11(金) 13:32:13.71
露天で売ってるのって選別でハネられた雄ばっかなのかな。

284 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/11(金) 14:47:45.20
>>283
そう。
ただ、選別は迅速性最優先だからそれなりに雌も混じる、運が良ければ釣ったのが雌の可能性も。

286 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/11(金) 15:49:30.67
露店のおっちゃんは全部雄を買いつけてるのに「こっちは雌だよ」って値段高くして売ってるんだと。
自分も子供の頃何回か買ったことあるけど、
雄100円雌200円で雌の方買ったはずなのに全部雄鶏に成長したよw

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...