ホーム » 小説 » 小説/た行 » 断章のグリム/鹿狩雅孝(甲田学人)

326 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/13(日) 02:01:11.56
「断章のグリム」というラノベ
強いトラウマになるような惨事に出くわした人々が、
そのトラウマになぞらえた能力を持つという設定のある話。

ある青年は、不老不死の力を持ち、自らの血を与えることで他者の怪我を多少治すことができる。
彼は次々と親しい人々に先立たれた経験から
「自分一人だけが残される」というトラウマを抱き、そのトラウマが能力となった。
恋人に先立たれたことが決定打となって能力を得た青年は、恋人の後追いをしたいという願望が強かったものの、
その時にはもう、四六時中自分の体を切り刻み続けても死ねない体になっていたため、
悟りきったように死ぬことを諦め、能力者同士の互助会みたいなものに加わり、回復役として働くようになった。
彼は自分の境遇を「八百比丘尼」に投影していたためその能力は魚の属性を持ち、
血を大量に与えすぎれば、相手を魚に似た化物に変えてしまうので、調整して与えていた。

ある少年は「相手の能力やその根幹となるトラウマを理解した上で拒絶することで、
相手の能力も存在も消去できる」という能力を持っていた。
少年に出会い、能力に戸惑う少年を指導したりと先輩として振る舞いながらも、
青年は、彼の能力によって殺してほしいという願望をどんどんふくらませていくようになった。

能力者たちは時に、強すぎるトラウマに飲み込まれ、
自分のトラウマを周囲に撒き散らすようにして怪奇現象をふりまき、
話によっては街一つを壊滅させてしまう事もあった。
手に負えないそんな能力者を、最後の手段として消し去るのが少年の役目だった。
少年はある時、うっかりと互助会のメンバーの一人をきれいさっぱり消し去ってしまった。
その人物は「殺した相手が異形として甦る」という能力者だったため
自殺する事も出来ない自殺願望の持ち主で、青年の友人でもあった。
「殺してほしい」という願望を、少年の心情を思いやりこらえていた青年だったが、
友人の死がうらやましくてたまらなくなった。
少年にただ口で「殺してくれ」と頼んでもだめだろうから、
「殺さなければ」と思うよう仕向けようと考えだした。


327 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/13(日) 02:02:37.30
手始めに青年は、仲間の一人に無理矢理自分の血を飲ませ、化物に変えた。
そうされた人物は、全身を体内から異形の小魚に食い破られ、
まるで人型に小魚が寄り集まったかのような姿になり、
それでも青年の能力の片鱗により、不死で意識もあるという悲惨な状態になった。
その姿を少年に見せ、自分を消して欲しい、そうすれば能力も消え、
苦しんでいるこの人を楽に死なせてあげられるよとお願いした。
しかし、青年は恩のある相手であるし、優しかった彼のいきなりの変貌に驚くしとで、
少年は動揺しそれに答えられなかった。

青年は少年を押さえつけて自分の血を無理矢理飲ませ、これ以上飲んだら少年も化物化する、
取り返しがつかなくなる前に早く自分を消してくれと脅迫した。
ちょうどそこに他の仲間が帰ってきて青年を止めに入ったため、
青年は一旦は諦め、その場から逃げていってしまった

もっと少年に本気で憎んでもらわないといけないと考えた青年は、
自分の血を仕込んだ料理を少年の両親に食べさせた
少年が帰宅した時には両親は、顔面に大量の魚が生え、密集した魚の口によって蓮コラ状態な姿になり、
自分の口では息もできないだろうにそれでもやはり不死の状態になっていた。


328 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/13(日) 02:05:29.87
少年が本気で殺す気になってくれるまで、少年の周囲の人々をひどい目に遭わせ続けるしかない、と練り歩く青年。

様々な武闘系能力者が彼を止めようと立ちはだかるが、
それらの能力は諸刃の剣で能力者自身をも傷つけてしまうもので、
不死の青年相手に長期戦を挑んだ結果は、ことごとく能力者が満身創痍するだけで、
青年を殺しきる事も止めることも出来なかった。

これ以上の被害は出せなかった。
また、青年の狙い通りに少年は憎しみを抱くようになっていた。
青年の計画に乗ってしまわなければならないことへの憤りと、
そうまでして死にたがる彼に哀れみを抱きつつも、少年は望みどおりに彼を消してあげた。

青年が消えた瞬間に、魚化していた人たちは腐った小魚の群れに変化し、死にきった。
人によっては肉片なども残ったが、どちみちまともに弔うことも出来ない遺体で、事件として処理することも出来ず、
「人物の存在を認識できなくさせる」能力者の手によって、被害者たちは存在を消された
能力者同士は、精神に作用する能力に対しやや耐性があるため、少年は両親の存在自体を忘れることはなかったが、
思い出は曖昧になり、なにも見なければ父母の名前も顔も思い出せない状態になった。
周囲の普通の人々は、能力の延長なのか両親の欠落には全く意識を向けず、少年はごく普通の日々に帰った。
しかし、子供の一人暮らしは大変なものであったし、いずれ金が尽きたら学校を辞めることも覚悟し、
少年は襲い来る新たな戦いに備え生きていくのだった。

青年もかわいそうな境遇ではあるが、自分が死ぬためだけに好き勝手やらかしまくったんだから、
お望み通りに殺すんじゃなくて緊縛した状態で金庫にでも閉じ込めて一生苦しめたれと思った
そんな結末になったらなったで、後味悪い思いしそうだが


329 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/13(日) 02:25:07.55
>>328乙
青年を殺さないと化け物化した人達も死ねないからねえ。

 

断章のグリム〈15〉ラプンツェル〈下〉 (電撃文庫)
断章のグリム〈15〉
ラプンツェル〈下〉(電撃文庫)
断章のグリム〈16〉白雪姫〈上〉 (電撃文庫)
断章のグリム〈16〉
白雪姫〈上〉(電撃文庫)
断章のグリムXVII 白雪姫・下 (電撃文庫)
断章のグリム〈17〉
白雪姫〈下〉(電撃文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...