ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » キジも鳴かずば

416 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/16(水) 19:43:45.97
キジも鳴かずば(物言わぬおきく)

石川県の昔話
ある大雨の年、貧乏百姓の家の一人娘のきくが高熱を出した
医者に今夜が峠だと言われた父親は、
死ぬにしても何か食べさせてやりたいと思うが、
家には何もない
止むなく地主の蔵に忍び込み米と小豆を盗む
赤飯を食べさせるとお菊はみるみる元気になった

しかし、村では盗人探しが始まる
お菊は病気の時食べた赤飯が余程嬉しかったのか、
手毬をつきながら、
「赤いまんまたべた、小豆まんまたべた
ひふみよいつむなな」
と歌ってしまう
それを小役人に聞かれ父親は捕まり、
飢饉の人柱として生き埋めにされる

お菊は以来喋らなくなり、村人は気が狂ったのだろうと噂した

何年も立ち、お菊は美しく成長したが相変わらず誰とも話さなかった
しかしある時、山に入った猟師がお菊が口をきくのを目撃したと言う
山奥でキジ仕留めた猟師が獲物が堕ちた場所に向かうと、
そこにはお菊がいた
お菊がキジをそっと抱えると
「お前も鳴かなければ撃たれなかったろうに」
と呟いたという

その後喋るお菊を見たものはいない


417 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/16(水) 19:54:34.59
お菊ってオシなのをいいことに、レイプされなかったっけ?

418 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/16(水) 19:56:13.04
>>417
オシじゃなくて喋れるけど喋らないだけ

レイポされかけるのはブラックジャックであったな


423 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/16(水) 21:27:39.82
類話が全国的にあるので色んなパターンがある

アカガエルや赤い草、小豆粥や赤飯で「赤まんま」だったり、
人柱も「物を盗んだ罪人」や「○の模様の着物の人間にしよう=言い出した当人」だったり

盗人の汚名を雪ぐために娘の腹を捌くのは、父親が元武士だったりとかのパターンも


424 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/16(水) 21:42:31.93
赤いまんまは娘じゃなくて息子じゃなかったっけ
まあそこはどっちでもいいんだけど

最初この話を聞いたとき「親父さん錯乱しすぎだろ」って思ったけど
盗人にされたら村八分=水利権も何も取り上げられて畑を耕すことすらできない
まさに死活問題なんだよな…
そら追い詰められるわ


425 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/16(水) 22:17:01.74
そういう実利面で子の腹かっさばいたのか…

自分は名誉を守るためにやったと思ってた。
子の命より名誉が大切なのかと。
父親が武士バージョンの話は名誉のためだろうな。

 

あずきまんま (信州・読み聞かせ民話絵本シリーズ (1))
あずきまんま
(信州・読み聞かせ民話絵本シリーズ (1))
まんが日本昔ばなし DVD第31巻
まんが日本昔ばなし
DVD第31巻(アニメ)
まんが日本昔ばなし〈第2巻〉 (まんが日本昔ばなし 第 5話(第2巻))
まんが日本昔ばなし
〈第2巻〉(絵本)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...