ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その130 » 屋根裏の散歩者

789 名前:屋根裏の散歩者1/2 :2012/05/28(月) 13:45:04.65
昔読んだ江戸川乱歩原作のオリジナル屋根裏の散歩者の漫画
原作では主人公が屋根裏で他人の部屋の覗き趣味、
それが高じて密室殺人しちゃうって話だけど
漫画は主人公目線でいろんな住人の生活を覗き見してる部分が
一話完結で描かれてる

ある部屋には今を時めく少女小説の作家先生♂が住んでた
作家は美人女優とスクープされたが、主人公が部屋を覗くと
見知らぬ美少女がいてちちくりあっている

美人女優は落ち着いた大人の女性なのに対し、
美少女は作家の作品の中のヒロインそのもので、
主人公はそれを見て、女優との浮名はロリコンの隠れ蓑だと知る

そんな最中、女優が訪ねてきて、作家は慌てて
少女を押入れの中に隠す
主人公はそれを見て、押入れの中の少女がどんな様子か覗いてみる


790 名前:屋根裏の散歩者2/2 :2012/05/28(月) 13:46:05.10
ここからは部屋に戻った主人公の独白
「作家先生がロリコンでなく、まさか人形偏愛症(ピュグマリオニズム)だったとはねえ!」
と苦笑いし、自分しか知らない作家の秘密1人ほくそ笑む
少女は等身大の人形だったのだ

視点が変わり、また作家の部屋になる
(主人公は覗いていない)
少女の人形に語りかけるように作家が話している
「お前のその細い首を締めた時の事は忘れられない。
 水蜜桃のような肩から腕を切り離し、
 可愛い小さな肛門から内臓を取り出した感触も、、
 私の大切な人形少女、、」

主人公が窓辺にもたれながら
「今日は良い天気だなあー」
と呟いて終わり


791 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/28(月) 13:47:55.47
二段オチになって、更に主人公が真相にたどり着かずに終わる
っていうのが読んだ当時はおおっと思った

794 名前:本当にあった怖い名無し :2012/05/28(月) 16:50:31.57
>>790
面白いね
個人的に後味悪いとは感じなかったけど、こういう倒錯的な話好きだ

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...