ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その131 » 死者の家(山岸凉子)

191 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/11(月) 00:16:54.48
山岸涼子の愛人側の漫画でタイトル失念したけど、後味悪いものがあった。

ヒロインの父親は不倫をしていて家によりつかず、母親は病に倒れる。
死ぬ前、女子高生のヒロインに
「私の家系の女性は祖先の因縁で、結婚に失敗する人が多い。
自分もそうだった。だけど、娘の分は私が業を背負うから、
あなたは幸せになれるわよ」
と言い残して逝く。

OLになったヒロインは仕事で知り合った男性に初恋。
亡くなった母親にも心の中で報告したり、幸せ一杯だったが、
ふとした事から男性に妻子があると判明。
男はどちらとも別れられない、と勝手な事を言う。
自分から別れなければ、と思うのだが別れられない。
夢の中で、亡くなった母親が死後の世界で娘の業に苦しんでいる姿を見て
「お母さん、許して」
と泣くものの、やはり別れられず、ただただ男に
「ねえ、いつ奥さんと別れて私と結婚してくれるの?」
と聞くばかり…で終わってしまう。

母親の愛情が全く無駄になっていて、後味が悪かった…。

 

鬼子母神 (山岸凉子スペシャルセレクション 9)
鬼子母神
(山岸凉子スペシャルセレクション 9)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...