ホーム » 小説 » 小説/な行 » 忍者傀儡歓兵衛(山田風太郎)

445 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/20(水) 00:24:26.50
山田風太郎の短編

主人公は元・寺小姓の美男子。
先が見えない状況で将来の為、どうしても武士の身分が欲しいと思っており
下級武士の一人娘への婿入話が来ると、相手が美人な事もあってすぐに飛び付いた。
しかし武家とは名ばかり、婚礼の翌日から内職に追われるほどの貧しい家で
主人公は日に日に不満を募らせていく。
妻の家含むその一帯は「伊賀組」と呼ばれる伊賀忍者の末裔達で
どの家も内職している貧乏暮らしだったが、祖先が神君家康を陰で支えた事を
今でも誇りに思っていてその立ち振る舞いも毅然と皆立派だった。
何事も楽したい主義のちゃらい主人公はそんな伊賀組の人々を心底軽蔑しており、
表立っては言わないものの同様の思想の妻にどんどん冷めていく。
当然主人公は伊賀組ご近所からは浮いているわけだが、妻の幼なじみである
Aとだけは付き合いがあった。
幼なじみと言ってもAは妻よりかなり年上で主人公たちの縁談をまとめたのもこのA。
未だ独り身で朴訥なAもやはり伊賀組では浮いていて主人公には話しやすい存在だったのだ。
ある時主人公はAから「奥方の人形を作らせてほしい」と頼まれる。
Aはむさ苦しい外見に似合わず人形作りや修繕の内職をしており、 ごくまれに
依頼や本人の趣味でリアルな等身大人形も作っていた。
あんな貧相な女人形にする価値ねーよw笑い飛ばす主人公に
Aは真剣な顔で「あの人より美しい人はいない」と言い切る。
そこまで言うならと人形作りを許可するが、出来上がったそれは
息遣いを感じるほどの生々しさを持ち、主人公は忘れかけていた妻の魅力を思い出す。


446 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/20(水) 00:25:50.23
Aの妻への強い思い入れを感じた主人公は「お前が婿入りしたら良かったのに」と言うが
Aは一人息子、妻も一人娘なので家のために結婚できない、そもそも向こうがこんなおっさん嫌だろうと話す。
しばらくしてふと、そんなAがリアルな妻の人形を作って何をしているのか気になった主人公。
Aは「眺めて愛でているだけ」と言うが、主人公のしつこい追求に
実はAの作る等身大人形には先祖伝来の忍法で裸で抱き締めていると
まるっ本当の人間のように柔らかくなり、反応を返すという秘密があった。
しかし「人形が抱かれてると本体も直接抱かれているのと同じ感覚を受ける」ため
そのようなヨコシマな事には使っていないとAは主張する。
信じようとしない主人公は(柔らかくなるところは目の前で実証済)
今晩嫁と寝るからAも同時刻嫁の人形を抱くよう命ずる。
その夜の妻は、今までほとんど乱れる事がなかったのに本人も驚く位甘くとろけていく。
そんな様子を見て主人公はある決意を秘め、翌朝すぐにAを尋ねる。

447 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/20(水) 00:26:43.02
主人公は自分がAが妻の人形を抱く事を許可したくせに
これは間接的なレイプだと主張し、お前達を不義密通で訴えると騒ぐ。
そうされたくなかったら自分にB姫様の等身大人形を自分に寄越せと脅す。
Aは上級の武家屋敷を出入りする際、B姫と出会っていて
B姫が思わせ振りな笑みでこちらを見ていた、これは絶対落とせると確信しており
だめ押しのためにAの人形の術を用いてBを自分にメロメロにさせBの婿に転がり込む作戦を立てていたのだ。
自分が妻を離縁してお前に嫁がせてやる、やらないと訴えるとごねる主人公に
仕方なくAはB姫の人形を与えることにする。
主人公は毎日A宅に入り浸りB姫人形とのセックスに耽った。
しばらくしてB姫が嫁ぐと風の噂で聞きつけ「話が違う」とAにふぁびょるが
Aは「嫁ぐのは乱心を隠すためらしい」と説明し、じゃあやっぱりB姫は俺にメロメロだ!と考えた主人公は
その夜、略奪を企てB姫の屋敷に忍び込もうとしたところを見つかり、その場で始末されてしまったのだった。
ラスト、妻とAとが向き合って話している。
既に上には離婚届けが出してあったので妻の家はお咎めなしで済んだ。
主人公の家に馴染まない、むしろ潰す勢いの軽薄な振る舞いを案じた妻がAに相談し
Aは自分の能力を利用し、主人公を自滅に追い込んだのだった。
Aの人形が生きたダッチワイフになるのは事実だが、さすがに本人と感覚共有させるほどではなく
二人で示し合わせて主人公を騙していたのだ。
色んな意味で邪魔な主人公は消えたが、それでも二人は家のしがらみで結婚する事はできない。
「今度は必ずしっかりした婿を探しましょう」と伝えるAに
一瞬妻は哀しげな眼差しを送るが、すぐに普段の凛とした態度に戻る。
二人の身なりは粗末だが、その態度は誰よりも輝いていた。

主人公はざまあwなんだけど妻とAがどんなに思いあっていても結ばれない運命なんだよ…orz
なまじそこらの身分の高い武士よりも遥かに武家の品格を漂わせているのが
余計哀しさを増幅させてるんだよね…


453 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/20(水) 02:04:38.78
>>445
面白かった。後味悪くねぇw

 

野ざらし忍法帖―山田風太郎忍法帖短篇全集〈2〉 (ちくま文庫)
野ざらし忍法帖 山田風太郎忍法帖短篇全集
〈2〉 (ちくま文庫)
野ざらし忍法帖 山田風太郎忍法帖(13) (講談社文庫)
野ざらし忍法帖 山田風太郎忍法帖(13)
(講談社文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...