ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その131 » グリーン・フーズ(山岸凉子)

464 名前:1/2 :2012/06/20(水) 14:03:10.64
山岸凉子「グリーン・フーズ」
カレン・カーペンターの悲劇をモチーフにした中編。

トビー少年は五歳で映画デビューした。
天使のように愛らしい、歌って踊れる天才子役として一世を風靡する。
帰宅は毎日深夜、両親は彼に付きっ切りである。

しかし、残念なことに父親そっくりのごつい少年に成長してしまう。
母は思春期のトビーにピアノを仕込み、
「あのエンジェル・ボーイがシンガーソングライターに華麗な転身☆」
という触れ込みで再デビューさせるが、鳴かず飛ばず。

一方、妹のマーシャは冴えない子供から冴えない少女に成長した。
トビーのスタッフはマーシャの隠れた美声を見出だし、マーシャの歌とトビーのピアノのデュオで売り出す。
トビーは初めて、妹を誇りに思う、「僕のために」歌ってくれ、と激励する。
兄をひたすら慕うマーシャは天にも昇る心地である。
「あの元天才子役が妹と奇跡のデュオ結成☆」


465 名前:2/2 :2012/06/20(水) 14:04:50.13
アメリカはテレビの時代になっていた。
コミュ障ブスを優しく気遣う兄妹愛と、ブス妹の顔と美声のギャップも手伝い、
「トビー&マーシャ」はスターになる。

マーシャに恋人ができるが、トビーは「スターには金やコネ目当てのゴミが寄って来る、信用するな」と叱る。
やがて、恋人は二股を告白して去る。
トビーが手切れ金を叩きつけて嘘をつかせたのだが、マーシャは知らないままである。

トビーの結婚後、マーシャはダイエットと称して食を断つ。
倒れたマーシャを献身的に看護するトビー。
「早く元気になって。お前に今死なれたら大損だから」

デュオはお前の声で保ってるが、僕より目立つのは許さない、僕のためだけに歌うのがお前の義務。
子供の僕が朝から晩まで働いていたのに、お前は僕のギャラで気楽に生きていた。
お前には貸しがある。歌えないお前に価値はない。

フィクションなのはわかるし、作中にカーペンターズの名前なんか出てこないけど、怖い作品。


468 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/20(水) 16:44:24.52
>>464
でもカーペンターズの兄に子役の経験は無いし、
どちらかと言うと執着してたのは妹が兄に対してだよね。
余りにも事実と違う話は読んでて?ってなる。
山岸涼子は出来のいい兄と平凡な妹の話を他にも書いてるけど
(大体兄の方が周りの期待に応えられずおかしくなる)、
何か自分の兄弟に確執があったのかな。

469 名前:本当にあった怖い名無し :2012/06/20(水) 16:47:30.40
逆に同じにしたら拙いんじゃないかな

 

鬼子母神 (山岸凉子スペシャルセレクション 9)
鬼子母神
(山岸凉子スペシャルセレクション 9)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...