ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その131 » 堕天使の子守唄(関よしみ)

986 名前:1/2 :2012/07/06(金) 00:14:13.88
昔立ち読みしたホラー漫画。本屋さんごめん。
タイトルも作者も忘れたが。

主人公はチョイ悪女子。
(JCかJKかは忘れた)
万引きで補導され、両親は学校に向かう途中で事故死する。
大学生の兄、主人公、幼い妹、多額の住宅ローンが遺される。

主人公と兄は、今までどおり三人で暮らし、学校をやめて働いてローン返済を主張するが、
払いきれる金額ではない。家は手放すことになる。
親族会議で大いに揉め、遠縁のお嬢さんが身柄を預かることになる。
(主人公の素行の悪さがネックになった。あたりまえ)

田舎の農村で、お嬢さんは立派な洋館に住んでいた。
家族はおらず、住み込みの使用人がいる。
お嬢さんは妹を特にかわいがっている。

ある日主人公と妹は、お嬢さんの亡母の子守唄を録音したテープを、うっかり消去してしまう。
(ツメ折っとけよダビングしとけよ)

お嬢さんは、ママの肉声のテープはこれだけだったのよ!と泣く。
数日後、妹が階段から落ちて入院する。


987 名前:2/2 :2012/07/06(金) 00:16:32.55
毎日付き添い、看病する主人公を、ナースは
「あんたが突き落としたくせに白々しい」
と罵る。
もちろん、お嬢さんの根回しである。

主人公は裸で家畜小屋に繋がれ、お嬢さんに暴行を受けるようになる。
薬で喉を潰され、声は出ない。

回復した妹はお嬢さんを「おねえちゃま」と呼び、本当の姉妹のように慕うようになった。
そして、主人公を汚い、臭いと笑う。

ある日、影の薄い兄が主人公の首を絞める。
「こんな生活は御免だ、今楽にしてやる」
お嬢さんが兄を刺し殺す。
「あたしのオモチャを壊すなんて、許さないから♪」
主人公は反撃し、お嬢さんを殺す。
数日後、村人がお嬢さんを心配してやって来る。
妹はお嬢さんを心配して泣いている。
何があったのか聞かれ、主人公を指差す。
「あの”お姉ちゃん”が…」
鎖で繋がれた、裸の主人公に鎌や鍬を振り上げる村人たち。

記憶補正が大量にまざってます。


989 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/06(金) 00:38:19.62
>>986このスレの定番、関よしみだね。
てか、親の借金は子供が払う義務ないよなあ。

991 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/06(金) 00:45:28.56
>>989
たしかにwwwww

関よしみ先生は幽霊も化け物も使わないでコワイを表現するのが上手


992 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/06(金) 00:47:57.63
いやお嬢さんも存分に糞だと思うがw
主人公は万引き一回と過失でテープ消しただけでしょ。

親の負債を支払う義務はないけど
そうすると遺産である家は手放さなきゃならないんだよね。


994 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/06(金) 00:54:31.11
普段の素行の悪さが一番の原因だから自業自得感が凄い

995 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/06(金) 01:00:28.36
影の薄い兄カワイソス

997 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/06(金) 01:03:31.32
関よしみ先生でしたか。

記憶補正では、集団万引きの常連で補導されてもまっっったく反省するそぶりもなかった気がする。

 

血を吸う教室 (講談社コミックスフレンド)
血を吸う教室
(講談社コミックスフレンド)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...