ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その132 » 無頼・ザ・キッド(永井豪)

43 名前:無頼・ザ・キッド1/2 :2012/07/07(土) 13:51:48.98
永井豪の「無頼・ザ・キッド」

人口爆発と食料不足による世界的な問題が上がっていた80年代、
解決策として決闘・殺人を合法化した日本。
そこら中で西部劇さながらの決闘が繰り広げられているが、
銃を持てるのが16歳からであるため、高校生活において
一年生はヒエラルキーの最下層におかれ上級生に虐げられていた。
主人公無頼万次郎は17歳だが、留年して一年生に在席しており同級生を守るヒーローだった。

無頼のクラスにはおしとやかで優しいAという女生徒がいた。
彼女は体が弱いようで、いつも体育の時間も見学していた。
ある時、学園に賞金稼ぎのBという男が現れる。
BはCという父親殺しで指名手配になっている男子学生を探しており、この学園に目を付けたらしい。
しかし学園にはCという学生は存在せず、学園長はBにお引き取り願うも
「自分の嗅覚は間違いない」とそのまま周囲をうろついていた。
ヒロイン純の調べた情報によると少年Cは父親に暴力を奮う母を守ろうと父を射殺。
しかし16歳以下の拳銃使用が禁じられているため、Cの方が罪に問われ追われている。
さらに賞金稼ぎのBは実力はあるくせに小物や弱い者相手の
確実な賞金首しか狙わず、どんな汚い手段も使うと悪名高かった。


44 名前:無頼・ザ・キッド2/2 :2012/07/07(土) 13:53:41.44
それから数日経ち、授業中Bがグラウンドから全校生徒に対し拡声器で呼び掛ける。
その足元には太った中年女性が倒れていた。
「この学園に潜むCに告ぐ!お前が出てこないのは勝手だが、
お前の母親がどうなってもいいのか!?」
Bは女性に暴行を加えはじめるが、学生たちはCなんて知らないので困惑しながら見守るしかない。
そんな中、Aが青ざめた表情でふらふらと窓際に歩み寄る。
暴行は苛烈を極め、ついには血が吹き上がり、顔中が腫れ上がった。
それでも母親は叫ぶ。
「C逃げて!私のことはいいから出てこないでおくれ!」
そこにAが泣きながらかつらと眼鏡を外し、母親の下に走りよる。
Aの正体がCだったのだ。
「母さん、僕だよ!分かるかい!?」
次の瞬間、Cは喉元を撃たれ死亡。
撃ったのは母親で、実はBの部下の変装だったのだ。
事が済み、BはCの首に縄を括り付け、車で引きずり持ち去ろうとする。
無頼はそれをさせず、Bに決闘を申し込み射殺したがCはもう帰ってはこないのだった。

45 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/07(土) 14:03:39.96
>父親に暴力を奮う母を守ろうと父を射殺
母親に暴力を奮う父を殺したんじゃなくて?

46 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/07(土) 15:17:01.31
>>45
その通りです
父が母に暴力奮っていて、Cが父の拳銃で射殺

48 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/07(土) 18:56:39.77
>>43
すごい展開だけど世界観のせいかすんなり受け入れられる感じ
面白そうだな

50 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/07(土) 20:47:17.10
>>43-44
あまりに突っ込みどころが多すぎて何処から突っ込めばいいのか分からん話だな

51 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/07(土) 20:52:28.31
とりあえずAは女子生徒なんだよな? でCは男子生徒なんだよな?
Aは女装してたわけ? そのことに学園長をはじめとして誰も気がつかなかったわけ?
Aは家に帰ってないんだよな?

じゃないとCの家までBは分かっている(母を連れ出しててもおかしくないわけだし)から
家で待っとけばいいわけだし


55 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/08(日) 00:51:12.60
>>51
そう、男子学生Cがかつらと眼鏡で変装(女装)しAと名乗っていた。
学校の籍もA(女子)として入っているからCの名はない。
クラスメートも皆女子だと思っているから「Aさんはきっといい嫁になるよ」とか言っている。
Cは父殺し後すぐに蓄電しているから家には戻っていないと思う。
母親がBに痛め付けられている時に過去がフラッシュバックして
たまらず飛び出してきた感じ。

 

無頼・ザ・キッド 1 (ヤマト・コミックス・スペシャル)
無頼・ザ・キッド 1
(ヤマト・コミックス・スペシャル)(全3巻)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...