ホーム » 小説 » 小説/な行 » 脳喰い(小林泰三)

58 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/08(日) 01:40:17.33
小林泰三「脳喰い」

外宇宙を探査する宇宙船がエイリアンの襲撃を受ける。
乗組員が一人一人殺されていくが、
頭蓋骨を切り取って脳を吸い取るという形で皆殺されていく。(この辺の描写がすごく生々しい)
主人公は恋人を殺されて復習に燃えるが抵抗むなしく同様のやり方で死ぬ。

所変わってエイリアンの宇宙船。
そこでは吸い取った脳が一か所に集められており、
コンピュータのように全て接続されている。
主人公の意識はそこに残っており、仮想世界で死んだ恋人と再会する。
その空間はエイリアンに殺された人全ての意識がつながった世界で、
主人公は幸福感に包まれながら恋人と暮らす。

そしてエイリアンの宇宙船は地球に進路をとった。
————————
これほど絶望的なハッピーエンドは珍しいと思う。


61 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/08(日) 04:45:10.97
>>58
うわあ主人公達は幸せなのに絶望的すぎる
仮想世界わざわざ作るってことはリアルな人間を使った
アクアリウム的なものを作ってるんだろうか

 

目を擦る女 (ハヤカワ文庫JA)
目を擦る女 (ハヤカワ文庫JA)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...