ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その132 » かなえられた願い(犬木加奈子)

88 名前:本当にあった怖い名無し :2012/07/09(月) 23:47:04.38
犬木加奈子も似たようなの描いてたな。

架空の外国で一人暮らしの金持ち老婦人。
その金は、夫と幼い息子をそれぞれ別の事故で亡くした賠償金である。
隣の主婦が親切に夕食に誘ってくれるが、
どうせ遺産目当てでしょ、と邪推して断る。
「お金なんかいらない、主人と息子を返して!」
と祈ると、奇跡が起きて事故が起きる前に戻る。

今度こそ夫と息子を失うまいと尽くす彼女だが、夫はアル中になり、愛人と駆け落ちする。
過保護の息子はDQNに育ち、ビッチと結婚して金をせびるときにしか顔を出さない。
彼女は内職で食いつないでいる。
隣の主婦に施しを無心するが、当然断られる。
「神様、あなたが与えてくださったものに気づかなかった私への罰なのですね…」


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...