ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その132 » セイヴィング・ルナ

801 名前:本当にあった怖い名無し :2012/08/08(水) 03:33:14.34
シャチのルナっていうドキュメンタリー。

カナダの小さい港にシャチの子供が現れるようになった。
ボートに乗ってると、水から顔を出して人懐っこく人間と交流を求めるの。
凄く頭が良くて、教えたらうんうんと頷くようになったり頭を撫でるのを喜んだり
人間が大好き!って感じなの。
港には沢山の人がそのシャチの子供と触れたくてやってきて
ルナって名づけられて可愛がられてた。

でも、野生の生き物だしこのままでは良くないという事で
カナディアン・インディアンの人らがカヌーでルナをシャチの群れが通るであろう
大海原に帰そうと誘導したりするんだけど
どうしてもルナは人間のいる港に途中で戻ってしまう。
そのうち港は船のスクリューもあるからルナを捕獲して、海洋園のプールに移動しようとかの
話も出てきた。プールのような狭いところに移ると、ストレスで凶暴化するシャチも
出るので反対意見もあった。
しかし結局、ルナは皆の心配通り、船のスクリューに巻き込まれてなくなってしまった。

すっごく嬉しそうに人と遊ぶルナの映像、焼きついてるよ。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...