ホーム » その他 » 事件・事故 » 和田心臓移植事件

212 名前:本当にあった怖い名無し :2012/08/25(土) 02:24:48.08
1968に行われた、和田心臓移植

ある大学生Aが海で溺れ、意識不明のまま街の病院に運び込まれた。
一旦は心停止したものの、心臓が鼓動を再開し徐々に回復の傾向を見せる。
しかしその日の19時頃、患者は急遽大病院に運ばれることとなる。
容態が急変したので大病院に場所を移すというのだ。
大病院に運ばれたAは脳死と判断された。大病院のW教授は、心臓移植に踏み切る。
大病院にはBという心臓病を患った患者がいて、Aの心臓をBに移植するのだ。
午前零時過ぎに家族を説得し、翌日午前2時前、W教授を執刀医にしてついに日本初の心臓移植手術が行われた。
午前5時前、手術が終了。手術は成功した。Bの容態は徐々に回復し、新聞各社はこの一大事を大々的に報道した。
1週間後、Bはついに意識を回復する。飲食したり、会話をしたりと経過は良好だった。
しかし手術から12週間後、Bが急死した。
W教授は、気管支に痰が詰まったことによる呼吸困難だと説明する。13時間もの緊急処置にも関わらず…。
記者発表の場で、ある記者が教授に尋ねる。
「13時間も粘ったのですか?Aの時は緊急搬送から数時間で心臓移植を決断したのに…。」

一連の出来事の後、様々な疑惑が浮上することになる。
まず、Aは自発呼吸があり血色も良かったが、大病院に運ばれるといつの間にか脳死と判断されたこと。
W教授は心電図と脳波で確認したと証言したが、詳しいことは「(手術の5ヶ月後にガンで死亡した)医師が
担当していたので分からない」と述べた。心電図は失くしたとも述べた。
次に、手術の際、麻酔を担当しようとした麻酔医を、手術を担当した胸部外科がなぜか追い払ったこと。
さらに、Bの容態は、心臓移植手術をするほどのものだったか、という声も上がっている。
実際、Bは心臓の弁に問題があったが、その弁を人工弁に置き換えれば済んだ、と診断されていた。
そのBの心臓は、手術後3ヶ月ほど行方不明になり、発見された際は弁が切除されていた。
そして、心臓移植手術を決断したからたったの1時間程度で、移植手術に必要な人員や道具を用意できたのか。
実際は緊急搬送の時点で、手術を決断していたのではないか。

W教授は後に捜査のメスが入るも、結局嫌疑不十分で不起訴。
2011年に逝去し、真実は完全に闇の中へと消えた。

 

凍れる心臓
凍れる心臓
日本人を震撼させた 未解決事件71 (PHP文庫)
日本人を震撼させた 未解決事件71 (PHP文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...