ホーム » 小説 » 小説/や行 » 柔らかな頬(桐野夏生)

478 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/02(日) 14:57:59.82
うろ覚え投下
小説、柔らかな頬

地元北海道の田舎っぷりに嫌気がさし、中学くらいに家出して上京した主人公。
大人になり小さな印刷会社で働きそこの社長と結婚し、子供女二人もうける。
が、夫の会社の客先の社長と不倫。
ホテル帰りに子供迎えに行ったりするが子供は大事で可愛い。
勘の鋭い長女にドキッとすることも。

そんな折り、不倫相手が北海道に別荘を買い、主人公家族と浮気家族とで遊びに行く。
そこでも両者家族の目を盗みセクロス。

セクロスして何食わぬ顔で部屋に戻り、グースカ寝てる間に長女失踪。
夫を責めるカス主人公。
月日が経つも娘は見付からず、次女のためにも諦めようという夫と離婚し、不倫相手とも別れる。
一人娘を探す旅に出る主人公。

そんな中、ガンで警官を引退した男で出会い、娘探しに協力してもらう。
妻のいる元警官ともセクロス。
ガンで男が死に、主人公は娘を諦める。

長女は母親の不倫に気付いており、別荘のある山で犯人に遭遇したとき「もうどうにでもして…」
と犯人に身を委ねる描写で終わり。

主人公がビッチすぎる


479 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/02(日) 15:29:14.18
最後にいきなりの犯人登場でワロタ

480 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/02(日) 15:35:39.15
自分も何の犯人かと思って読み返してしまったw

 

柔らかな頬〈上〉 (文春文庫)
柔らかな頬〈上〉 (文春文庫)
柔らかな頬〈下〉 (文春文庫)
柔らかな頬〈下〉 (文春文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...