ホーム » 小説 » 小説/は行 » ぼく、歯医者になんかならないよ(川島誠)

96 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/27(木) 11:17:35.26
食事中の方は注意

ぼく、歯医者になんかならないよ/川島誠

金持ちの家に産まれ歯科医の父、優秀な兄を持つ主人公。
学校でのあだ名はミダス(触れた物を黄金に変える王様の名前)
僕はお高い塾に通い詰め、辛い時はチ○コを握っていると落ち着く。
チ○コを握って女先生のことを考えてれば楽になるんだ。
今日は月に一度ある保護者面談。
父さんが先生に中学の裏口入学の話をしている。僕が触れば不合格通知も合格に変わる。
僕は大人になっても何も出来ない。
どうやって生きていけばいいかわからない。やりたいこともない。

…そうだ、うんこになろう!
僕は塾のお高い机に登り、ドアにお尻を向け踏ん張る。
僕はうんこで全てを金色に変える。
塾、先生、お父さん、そして最後は僕自身もうんこになる。
(生々しい脱糞描写)

面談が終わったであろう先生とお父さんが
うんこの海に溺れうんこになった僕を見ている。

おわり


112 名前:本当にあった怖い名無し :2012/09/29(土) 09:06:49.99
>>96
小学生の時に読んで衝撃を受けたのを思い出したわ

 

セカンド・ショット (角川文庫)
セカンド・ショット (角川文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...