ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その134 » らぶいずぶらいんど(クジラックス)

305 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/07(日) 03:05:40.05
主人公は優しいけど勉強はできないタイプの少女(小学生12歳)
ある日しょぼくれながら学校から帰ってると、目の見えない男性にぶつかってしまう。
優しい少女は家まで一緒に帰ってあげようともうしでる。
男性は遠慮するけど、結局好意に甘えて供に帰途に着く。
男性に優しさを褒められて恋心にも似た感情を抱く少女。

男性の自宅は目が不自由なこともあってお世辞にもキレイとは言いがたい。
また家に遊びにこようかと少女は提案するが
男性も「さすがに子どもが独身男性の家を訪問するのはマズい」と忠告する。
そこで少女はありったけの知恵をしぼって
自分は大学生で、福祉関係の教育をうけていると嘘をつく

家に頻繁に訪問するようになる。
少女は男性に感づかれないようにランドセルを隠したりする。
2人は愛を育んでいき、やがて大人の関係をもつようになった。
性交渉の最中、男性は感涙してしまう
盲目というハンディキャップを背負って、人並みの恋愛はできないと思っていた。
そんな自分に生きる希望をくれた少女に愛を誓う。


306 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/07(日) 03:06:44.57
続き

2人の愛の空間をチャイムの音がつんざく。
「警察です。おたくに小学生がいりたびっていると通報があったんですが」
焦る少女。男性に自分の正体がばれてしまう。
しかし、男性の顔を見上げるとそこには穏やかな笑顔が。
「うすうすわかってたよ。君が子どもなのかもって思ってた。
だけど僕は愛を捨てられなかったんだ。夢をみせてくれてありがとう」

合意のもとであったとしても、男性は刑に処されるだろう
自分の安直な行動が、最愛のひとを陥れることになってしまった。
「私ってほんとバカ・・・」
警官がドアをノックする音だけが、アパートの一室に響いていた。

ちなみにエ口漫画です
けっこう抜けました (´;ω;`)ウッ…


307 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/07(日) 03:09:15.66
>>306
いや、抜くなよ

309 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/07(日) 03:23:11.39
>>305
このあらすじ、前にもどっかで見たかも。
憶えてたら作者名が知りたいです!

311 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/07(日) 03:40:53.39
「エロ漫画 盲目 小学生」でぐぐって解決w
クジラックスのラブイズブラインドでした。

後味悪いエロ漫画好きだわ。


324 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/07(日) 11:02:19.33
>>305-306はAAもあるくらい2ちゃんじゃ有名

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...