ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その134 » 太田光の高校時代の話

322 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/07(日) 09:21:07.84
爆笑問題太田光の高校時代の話

当時の太田は学校で友達が一人もいなかった

ある日通学途中に、中学時代いじめていた与田君と出会う
与田君も太田と似たような境遇だったため、意気投合し親友となった

そんな時に事件は起こった
太田が与田君の学校の文化祭に行く途中に、中学時代に一緒に与田君を
いじめていた黒川君と出会う
黒川君と話をしているうちに中学時代の邪悪な太田が目を覚まし、
与田君のクラスメイトに与田君がいじめられていたことを暴露し、
与田君の外見を馬鹿にした歌まで披露してしまう
クラスメイトが大爆笑するなか、与田君は何も言わず俯いたままだった

太田は与田君と待ち合わせをして同じ電車で登校していたが、事件の翌日から与田君は来なくなった
与田君に電話してみると「電車の時間を変えた」と言われ、
それが与田君と交わした最後の会話となり、二度と会うことはなかった


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...