ホーム » アニメ・ゲーム » ゲーム » 魔女の家

654 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/21(日) 23:24:27.11
最近公開されたフリゲの「魔女の家」
13歳の少女、ヴィオラが猟師の父とはぐれて森の奥の魔女の家へ迷い込み、魔法で館へ閉じ込められる。
家の奥へと進む途中に読める日記によると、魔女は病気でこの家から出られず
孤独に過ごしており、もう先が長くないらしい。
途中、骸骨や絵に襲われたりしながら謎を解いて、館の最深部、魔女の部屋へ辿り着くと
目と下半身を潰され、テケテケ状態の魔女が姿を現す。
魔女は健康なその身体と交換してくれ、と逃げるヴィオラを追いかける。
魔女の手から逃れ、館の外へ脱出するとヴィオラを捜索している父と再会。
追ってくる魔女を父が猟銃で撃ち殺してEND。

655 名前:本当にあった怖い名無し :2012/10/21(日) 23:24:57.53
だけど以上のエンディングはある真実が明かされていない。
魔女に追われて館を出る際にあるアイテムを入手すると、エンディングが変わる。

魔女の手を逃れ館の外へ出るヴィオラだが、その後を追う魔女に対して初めて口を開く。
「しつこいな、いい加減あきらめたら?私を殺すなんて無理。ここは私の家なんだから」
魔女に冷たく言い放つヴィオラ。続けて真相が語られていく。

病気の身体で愛されることも知らず孤独に過ごす魔女のエレンの元へ、心優しい少女、ヴィオラが訪ねてくる。
2人は友達になるがある時、魔法を使い一日だけという約束事で身体を入れ替えることになる。
だが約束を破り、ヴィオラへ身体を返さないエレン。
ヴィオラ(in魔女の身体)は身体に残されていた魔女の力を使い、
ヴィオラの姿をしたエレンを館へ閉じ込める。→ゲームの最初へ。
なのでプレイヤーが館から逃がそうと動かしていたキャラクターは実は魔女。
館の住人(?)が脱出に協力的なのも、プレイヤー=魔女だから。

「これからは私が代わりに愛されてあげる」

ヴィオラの姿をしたエレンは脱出の途中で手にしたナイフをぼろぼろの魔女の身体へ突き立て、
館へ背を向けるとヴィオラの父が探しに来る。
瀕死の魔女(の姿をしたヴィオラ)は愛する父へ助けを求めるも「化け物め!」と無残に猟銃で撃ち殺されてEND。
セリフなんかはうろ覚えですが。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...