ホーム » 小説 » 小説/た行 » ドアD(山田悠介)

384 名前:1/6 :2012/11/18(日) 09:43:56.15
『ドアD』山田悠介原作 杉山敏作画の短編 SAWのパクリみたいな話
互いに面識の無い5人の男女がホールのような部屋で目を覚ます。
どうやら全員別々の場所から拉致されてきた模様。
ホールは唯一の出入り口のドアが頑丈に締まっていて、アナウンスが鳴り響いている。
“傷だらけで死ぬかもしれません。苦労なく外に出られるかもしれません。選び考え祈ってください。”
さらに壁に張り紙があり、全員が起きてから10分以内に部屋を出ないと毒ガスにより全員死ぬが、
外に出るためには必ず誰かが犠牲になると書いてある。

385 名前:2/6 :2012/11/18(日) 09:47:14.44
5人はそれぞれ、女の子(高校生ぐらい?)、オタク、金髪の兄ちゃん、イケメンの兄ちゃん、おっさん。
オタクが、部屋の中心の床に突起があるのを発見し、それを踏んでみると、
天井からデカイ円柱状の柱が落ちてきてオタクは即死、代わりに部屋のドアが開いた。
4人は衝撃を受けるが、他に行き場もなくドアを出る。

隣の部屋に行くと、天井から4つのフルフェイスのヘルメットみたいなものが吊るされており、
前の部屋と同じように10分以内に行動しないと毒ガスで全員死亡する旨の張り紙がある。


386 名前:3/6 :2012/11/18(日) 09:49:57.63
4人は仕方なくヘルメットを被ると、首元がロックされ、全員のメット内に水が充満する。
誰かが溺死するまで根競べするらしい。結局、金髪が最初に脱落して死に、他3人のメットから水が抜ける。
同時にまたドアが開き、3人は金髪に悪いと思いながらも隣の部屋に進む。
今度の部屋は円卓になっており、3人の席には料理が並んでいる。そしてまた10分以内に~の張り紙。
どれかに毒が入っているのではとびくびくしながら、それぞれの席の料理を食べ始まるが最初のうちは何も起こらない。

387 名前:4/6 :2012/11/18(日) 09:52:47.27
しかし、イケメンがホットケーキを食べだしたとき、突然天井から円柱状の透明の筒が降りてきて、
他の2人をすっぽり覆ってしまうと、部屋の中に無数のスズメバチが放たれた。
筒は2人のための安全地帯らしい。
悲鳴を上げながら全身をスズメバチに刺されイケメンは死亡。生き残った女の子とおっさんは隣の部屋へ。
その部屋には、床に木箱がいくつか置いてあり、1人につき1つだけ開けることができる。

388 名前:5/6 :2012/11/18(日) 09:55:43.51
女の子が開けた箱には金属バット、おっさんが開けた箱には鎖が入っていた。
それで10分以内に殺しあって残った1人が出られるということを2人は悟る。
おっさんは謝りながらも容赦なく女の子の首を鎖で締め上げるが、女の子は前の部屋(食卓)で
取っておいたフォークをおっさんの首に刺し、ひるんだところを金属バットで滅多打ちにして殺害。
ドアのロックは解除されたが、すでに10分の制限時間が過ぎており、
部屋に毒ガスが送られていたためにドアの目の前で女の子も死亡。
全滅かに思われた。

389 名前:6/6 :2012/11/18(日) 09:58:00.52
しかし、何とそこへ、2つ目の部屋で溺死したと思われてた金髪が現れる。
実は溺死しておらず気を失っていただけで、メットが外れてから目を覚まし、
その後の部屋では何もすることなく先に進めたらしい。
結局自分が一番運が良かったんだと思い、最後の扉を開けるがそこは・・・
最初の部屋のようなホールで、見ず知らずの人が数人いた。みんな自分と同じように他の部屋からの生き残りらしい。
ここからまた新しいゲームが始まる。
ホールの部屋の天井から覗く、巨大なハサミのような仕掛けを見て絶望で膝から崩れ落ちる金髪で話は終わり。

398 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/18(日) 15:45:46.75
山田悠介って「物語はまだ終わっていない…」的終わり方しかしないよな
弟が一時期は待ってて、4冊ほど読ませてもらったが全部そうだった
日本語もおかしい、展開もありきたり、何故かいつも政府が敵
リアル鬼ごっこ、「全国の佐藤さんが狙われる」って設定はすごくおもしろそうだと思ったのが悔しい

399 名前:本当にあった怖い名無し :2012/11/18(日) 15:48:27.51
まあ、山田悠介の本を真面目に読むヤツはいないだろうし、あれはあれでいいんだろう。

 

ドアD (幻冬舎文庫)
ドアD (幻冬舎文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...