ホーム » 小説 » 小説/さ行 » ストロベリーナイト(誉田哲也)

759 名前:本当にあった怖い名無し :2012/12/01(土) 00:53:26.00
ストロベリーナイト

ある中学生が毎日親から虐待を受けていた
ヤクザあがりの薬物中毒の父親のせいで自宅は糞尿垂れ流しの状態
母親も糞尿に塗れて助けてくれる人はいない
父親からの虐待は糞便を擦り付けたり食べさせられたり
尻や性器をコネ回されたり出てきた糞尿を父親が食べたりと常軌を逸している
学校ではあまりの臭いのため皆から無視され1人角のロッカーの隣で授業を受けている
中学生は全てを諦めた風で「僕には灰色の世界しかない」とつぶやく
ある日衝動的に両親をカッターナイフで殺害してしまうが赤い血を見て綺麗なイチゴのようだと思う
それから家に火を付け両親ごと全焼させた


760 名前:本当にあった怖い名無し :2012/12/01(土) 00:54:17.81
街で座り込んで灰色にしかみえないクリスマスのイルミネーションを眺めている時に
マコという少女に声をかけられる
自分の名前を告げるとマコは「エフ」と言う呼び名を付けてくれる
マコはこの地区をまとめるギャングのボスの妹で新しい仲間としてエフを紹介する
抗争の際エフはカッターナイフ一つで相手に向かい必ず勝利を納めた
相手も自分と同じ血が流れていると確認する事で心が安らいだ
仲間たちにも歓迎されようやく自分の居場所が見つかったと喜んでさえいた
しかしマコはエフが傷つくたびに嫌だと涙した

そんなある日マコが犯し殺された
犯人はマコに声をかけていた学生3人だと判明するやいなやエフは
その三人を見つけ出しカッターナイフであっさりと2人殺してしまった
あとの1人は余裕の表情で健闘を称え
「好きなだけ人を殺させてやる」と語りかけられエフはついて行ってしまう


761 名前:本当にあった怖い名無し :2012/12/01(土) 00:54:59.39
その殺しの舞台はストロベリーナイト
観客の中から1人生贄を選出し磔にしたのち
散々いたぶって最後にカッターナイフで頚動脈を切りつけ殺すショー
エフはそのショーのラストを飾るパフォーマーとして何人も人を殺す事となる

やがて警察が動きエフの正体までも突き止められる


762 名前:本当にあった怖い名無し :2012/12/01(土) 00:56:21.73
エフは本名、深沢由香里
父親からの虐待のおかげで汚れた自分を嫌い
乳房、尻の肉などを自分でカッターナイフで切り落として精神病院で治療をうけていた

ストロベリーナイトの首謀者は警察官僚の息子の北見だった
学生時代は覚せい剤やレイプなどの悪事に手を染めていた
ストロベリーナイトの核心に迫った同僚も殺し
29歳の女上司も廃墟とかしたビルに誘い込みエフを呼びつけ殺そうとする
殺人ショーの快感を語る北見にエフは「僕は自分が他の人間と違わない事を確認したかった」と叫ぶ


763 名前:本当にあった怖い名無し :2012/12/01(土) 01:10:03.31
隙をついて逃げようとする女上司だが北見の発砲でバランスを崩し踊り場から転落しかかる
とっさにエフが手を掴み転落は免れた
「マコ、今度こそ助けにきたよ」とつぶやきながら

他の警部に北見も由香里も逮捕されたが最後は由香里が自殺する可能性を示唆してお終い

冒頭のあまりの描写に男の子だと思っていたから凄く驚いた
またストロベリーナイト参加者が生贄に選ばれなければあと一月生きられる
生きるありがたみがわかるとかほざいてるのも後味悪かった
自分が誘った友人が処刑され興奮したとか・・・


764 名前:本当にあった怖い名無し :2012/12/01(土) 09:09:02.39
ストロベリーナイトってそんな話だったのか…
今度見てみるわ

765 名前:本当にあった怖い名無し :2012/12/01(土) 09:17:24.50
ドラマはショボかったなー。

 

ストロベリーナイト (光文社文庫)
ストロベリーナイト
(光文社文庫)
ストロベリーナイト DVD
ストロベリーナイト
DVD(スペシャルドラマ版)
ストロベリーナイト シーズン1 Blu-ray BOX
ストロベリーナイト シーズン1
Blu-ray BOX(連続ドラマ版)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...