ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その136 » ガイウス・ユリウス・カエサル

700本当にあった怖い名無し:2013/01/08(火) 02:49:22.28
ジュリアス・シーザー(カエサル)の最期が後味悪いのでそれを。
共和制を望む派閥と王制を求める派閥の間で、次期王として期待されるカエサル。
占い師から、3月15日までの命と告げられるが、
カエサルは「それは今日だけど元気だよ?」と、出かけようとする。
カエサルの妻は「不吉な夢を見たから出かけないで」と言うが、
カエサルは聞かない。
しかも、カエサルの信頼していた部下が裏切っていて、
「今日出かけないと!」と手を引く。
出先で暗殺計画が整っているからだ。
道中、カエサルの奴隷が暗殺計画を告げようとするも
周りに人が多くて聞くことが出来ない。
友人からの密告の書状も周囲の慌ただしさのせいで読めない。
暗殺計画の現場に着くと、カエサルのボディガードは足止めをくらい、
その間にカエサルは殺される。
たった一人で、信じていた部下も暗殺側にいる。
その攻防の際に「ブルータス、お前もか」と言ったそうだ。
避ける機会はあったのに、全てすり抜けて殺されるなんて…

 

ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下) (新潮文庫)(カエサル編は8巻から13巻まで)
ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル
ルビコン以後(下) (新潮文庫)
(カエサル編は8巻から13巻まで)
ジュリアス・シーザー (新潮文庫)
ジュリアス・シーザー
(新潮文庫)
ローマ皇帝伝 上 (岩波文庫)(全2巻)
ローマ皇帝伝 上
(岩波文庫)(全2巻)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...