ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その137 » 恐ろしい化け物

181本当にあった怖い名無し:2013/01/23(水) 11:29:06.96
古い漫画に載っていた話。

のどかな海岸で幼い兄弟(10歳と6歳くらい?)が楽しそうに遊んでいた。
「お兄ちゃん、面白いね~、でもどうして大人達は海岸に行っちゃ駄目!なんて言うんだろ?」

「何てもこの海岸には恐ろしい化け物が出るって言い伝えがあるらしいよww
 そんなの嘘に決まってる!きっと海岸は危ないから、そう言って脅してるんだよ」

「大人って心配性だね、少しも怖い事ないのに(σ*´∀`)」

と、言いながら遊んでいる兄弟の背後から、突然沢山の化け物が現れて襲いかかってきた。

それは兄弟たちが見たことも想像した事もないようなおぞましく恐ろしい姿の怪物で、
慌てて兄は弟の手を引いて逃げようとしたが、
怪物達は集団で陸と海から挟み撃ちにしていたので逃げ切れず、
とうとう弟が捕まり「お兄ちゃん!逃げてぇぇギャァァァ!!」
という悲鳴とともに寄って集って怪物たちに惨殺される。


183181:2013/01/23(水) 11:29:53.98
兄は逃げながら
「あぁ、お母さん達が言っていた事はほんとうだったんだ!
 僕がお母さんの言う事を聞かなかったから、弟が殺されてしまったよ。
 お母さん…ご免なさい」
と泣きながら逃げていたものの、大勢の怪物から逃げ切れずはずもなく、
やはり捕まって、必死の抵抗虚しくその場で惨殺された。

海岸では、大勢の漁師達が
「おい…お前、こんなのを見た事があるか?」
「うんにゃぁ、こんな恐ろしげな化け物など初めてだべ」
「そう言えば、死んだばぁさんから、この海岸には恐ろしい化け物が出るという、
 言い伝え聞いた事があったが本当だったんだなぁ」

「この大きい方の化け物は恐ろしかったなぁ…仲間が何人も殺られちまってよ・・・(;´Д`)
 殺られたサブの母ぁちゃん泣いてたよ」

漁師達の足元には、全身が鱗に被われ、口は顔面一杯に裂けて牙が剥き出し、
手足には鋭い爪とヒレがついた、小さい方でも大人の背丈以上もある化け物が二体、転がっていた。


185 本当にあった怖い名無し:2013/01/23(水) 13:58:27.93
魚人側も人間側もどっちもすくわれないな…

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...