ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その137 » 西洋野菜主義(市川ジュン)

900本当にあった怖い名無し:2013/02/16(土) 02:31:40.46
「懐古的洋食事情」という、明治~昭和ごろの日本の洋食について扱った
オムニバス短篇集のうちの一遍

主人公は地方の農家の次男坊
特に裕福でもない農家では長男が嫁を迎えるのがやっとで、
土地も財産もなにももらえない次男坊は嫁の貰い手に苦労していた。
特に深く絶望するわけでもなく仕方ねーなと思いつつ日々を送っていたところ、
田舎には不釣り合いな美女が引っ越してきたという噂がたった。

ちょっとした好奇心で件の美女の家を見に行ったところ、家からはもくもくと煙がわきでていた。
火事かと思って中に突入したところ、大変不器用な女が咳き込みながら炊事に励んでいるだけだった。
煤にまみれながらも美しいとひと目でわかるその女は初めて炊事にチャレンジしたそうだが
まるで基本がわかっておらず、主人公は仕方なく代わりに料理をつくってあげた。

その女は都会のハイソサエティな者達の間では有名な若き天才画家だった。
生家はごく平凡だったが、言葉を覚えるよりも先に筆を握り
幼い頃から才気を見せる娘の姿に両親は驚き、その才能を伸ばさせることに腐心し、
当時では上流階級でも珍しい海外留学までさせて本格的に絵画を学ばせた。

その甲斐あって知る人ぞ知る天才画家へと育ったが、
絵のこと以外はからきしわからない浮世離れした彼女は、
名声が高まるにつれて求められていくようになった社交術なども持ちあわせておらず、
そういったものを厭って、絵ならどこででも書けるからと田舎に引っ込んできたのだった。
使用人は雇っていたが、好き嫌いの激しい画家は使用人の料理が気に入らず、
自炊しようと挑戦したところ煙まみれになったのだという。


901本当にあった怖い名無し:2013/02/16(土) 02:32:27.37
画家はサッパリとした性格ながら外見は線の細い儚げな美女なので、
好き嫌いした挙句に餓死しかねないと不安になった主人公は、
下心もあわせて毎日料理をつくってあげるようになった。
特殊な生き方ながらもやりたい事をやるために真っ直ぐに生きている画家に憧れ、
ちょっと腐っていた主人公は前向きになった。
画家は主人公のおかげで食わず嫌いを克服していきつつ、毎日主人公の料理に舌鼓を打った。

珍しもの好きで好色な華族青年や、絵を商品としか見ていない画商やら、
田舎では普段見かけないような人種が画家を都会へ連れ戻しにたびたび現れた。
洗練された姿の彼らに泥臭い主人公は引け目を感じたりもしたが、
今の画家は主人公とすごす日々の方にしかまるで興味がないようで、二人は幸せな日々を送った。

ここで終わって普通にハッピーエンドだった。
が、このシリーズが「陽の末裔」という作品のスピンオフみたいなものだと知り
読んでみたら後味が悪くなった

陽の末裔は作中の時代がやや後の作品で、美女画家に似た容貌の青年画家が登場する。
彼の父は華族の青年だが、私生児であり親子関係にあることを知る者はあまりいない。
青年画家は父親を嫌うような言動を繰り返し、父親に容姿が似た腹違いの兄に冷たい態度を取る。
彼が父たちを嫌うのは、彼が生まれた経緯にあった。

美女画家として名を馳せていた彼の母は、風変わりな人物としても知られ
自由気ままに絵を書いていたが、容姿の美しさから才能以外の部分でも彼女を狙う男たちは多く、
華族の青年に手ごめにされてしまったという。
無理矢理の関係の末に子供を産まされた彼女は、
心の傷を癒せずに才気は色褪せ筆も握れなくなり、やがて衰弱して死んだ。
青年画家は母の才能を受け継いだが、自分も母を追い詰めた一因であることに苦しみ、
投げやりな生き方をし、若くして病気で死ぬこととなった。

農民が美女画家を嫁にもらう展開が後に続いていくのかと思ったらなんてこったと思った
かっぺじゃ特権階級から女を守ったり助けたりとか無理だったのか、
その後農民はどうなってしまったのか、もやもやしながら読んだ


902 本当にあった怖い名無し:2013/02/16(土) 03:07:38.11
スピンオフとかから入って本編見てガッカリパターンはわりとあるから困るw
主役じゃないだろうから当たり前かもしれないけど扱いが雑だったりするんだよな

903 本当にあった怖い名無し:2013/02/16(土) 09:14:14.86
>>900
乙です
そういうラブストーリー大好きだから本編が後味悪すぎてヘコむ

949 本当にあった怖い名無し:2013/02/19(火) 01:31:05.42
>>900
自分は本編から読んでたからあの人にも幸福な時間がわずかでもあったんだなと思った
本編では彼女の息子は兄の妻と姦通して子供ができるが結核で若くして死亡
妻も弟も愛していた兄は苦しみ、仕事を口実に海外に行き船舶事故で死ぬ
この辺も後味悪いな
この妻が本編の主人公だけど、産まれた息子は確かに面影はあるが
もう自分を惑わすことはない、と吹っ切ってしまう
夫の死に打ちのめされるが年下の愛人なんかもいて戦争も乗り越える

 

新編懐古的洋食事情 1 (YOU漫画文庫)(西洋野菜主義収録)
新編懐古的洋食事情 1
(YOU漫画文庫)(西洋野菜主義収録)
陽の末裔 1 (YOU漫画文庫)(全5巻)(本編)
陽の末裔 1
(YOU漫画文庫)(全5巻)(本編)
陽の末裔 1-最新巻(文庫版)(本編)
陽の末裔 1-最新巻
(文庫版)(本編)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...