ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その138 » 恋人と別れる日/夕張ゆうこ(南Q太)

954本当にあった怖い名無し:2013/04/07(日) 03:36:08.35
『さよならみどりちゃん(南Q太)』
これもいわゆる考えるな感じろ系で、この漫画自体はわりと爽やかに終わる。
以下あらすじ。

夕張ゆうこ(OL)はユタカ(居酒屋店員)とだらだらとセ○レ関係だ。
ユタカには沖縄に本命の彼女(みどり)がいる。
居酒屋に新しく入ってきた巨乳バイトの優希を狙ってるって話もする。

ゆうこも、ユタカのバイト仲間で慕ってくれるたろうと寝ちゃったり
優希に誘われた飲み会で会ったロン毛男のチ○コしゃぶったり
まぁ何ていうか、悪くいえばビッチなんだけど
本当はユタカを好きでちゃんと付き合いたい
でも、本命彼女と張り合う気も、優希と取り合う気もなくて
いつか別に好きな人ができたらなぁとかも考えていたり
そんなずるい考えを持つ自分をくだらないって思ってるフシもある。

ユタカの紹介でスナックのバイトを始めて、変な客に迫られたり、
ママがクソババアだったり、みどりという新しいバイトが入ってきたりとか
職場上司にセクハラされたりとか、ユタカには生き別れの妹がいて
「実はそれお前かもね?」「実はお前だったって夢見たよ」
って明らかに本命女じゃねーよ扱いされたってエピソードが入ったり
まぁいろいろあるんだが

物語ラストで、ユタカとのセ○ロス後に、本命彼女みどりにフラれたって話を聞いたら
堰を切ったようにゆうこは気持ちをユタカにぶちまけてしまう。
嫌われると、うざがられると思って今まで言えなかった「私のことをもっと好きになってよ」って本音。


955本当にあった怖い名無し:2013/04/07(日) 03:40:06.02
もちろんユタカには届かずに、二人の関係は終わってしまうわけだが
ゆうこは、本音を言えない弱い自分とやっと決別できたと、なんだか爽やかに物語は終わる。
ここまでなら、まぁちょっとだらしない恋愛モノとしてアリな終わり方。
ゆうこ頑張れよwみたいに思える。

『愚図な女ばかりじゃないぜ(南Q太)』という短編集に
『恋人と別れる日』という読み切りが入っていて
夕張ゆうこ(ホステス)として登場。
えっ、OLやめたの?
んで妻子持ちの男とゆうこが別れるとこから物語が始まる。
えっ、不倫?
んでもって、彼氏なんだか色恋客なんだか、セ○レなんだかって男と
ぐだぐだイチャイチャしてる。(男側からしたらこれは確実にセ○レだ)
えっ、また?

『さよならみどりちゃん』で、本音を言えない弱い自分と決別できたけど
(実際、今回は好きという気持ちをこの男にちゃんと伝えている)
自分を大切にするというか、一人の男とちゃんとした交際をする事はできていないし
仕事やめてホステス本職にしちゃったぽいし
セ○レどころか不倫までしちゃったし
結局ゆうこは同じ道をまた辿ってしまうんだろうなぁって終わり方にモヤモヤした。


956 本当にあった怖い名無し:2013/04/07(日) 10:57:37.23
>>955
人間の本質はそう簡単には変わらないって事なのかもよ

 

さよならみどりちゃん (フィールコミックスGOLD)
さよならみどりちゃん
(フィールコミックスGOLD)
愚図な女ばかりじゃないぜ (BUNKA COMICS)
愚図な女ばかりじゃないぜ
(BUNKA COMICS)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...