ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » 王さまなくした時間(寺村輝夫)

109本当にあった怖い名無し:2013/04/14(日) 21:09:48.43
王さまなくした時間

今アニメもやってる児童向けのぼくは王さまシリーズの一篇です
Ⅱシリーズなので初期のしか知らない人は知らないと思う

やることなすこと時間に縛られた王さま
起きる時間とか勉強の時間とかなにもかもがタイムスケジュールで
押さえられていて色々と窮屈

それがある日国中の人間が重い風邪をひき
一人だけ無事な王さまは自由な時間が出来る

普段は入れない時計塔に入ってみるが
何故か階段をいくら上がっても終わりがなく
更に時計が見当たらず時間が分からない
不安がる王さまに不気味な血文字で描かれたメッセージが届く
「しんぱいするな時をまて」


110本当にあった怖い名無し:2013/04/14(日) 21:17:25.89
時計塔をさまよう王さまは角の生えたその少女「ピ」と出会う
「ピ」は王さまを助けに来たという
王さまは時間時間時間、と時間に縛られておりいつも可哀想、
その元凶である悪魔イビリシを倒しましょうと言う

王さまが見つけた血文字もイビリシが誰かを怪我させたのかもしれない
「ピ」は多少意味ありげな発言をしつつ王さまを
不思議な世界に誘導する

そこでは羽のない生き物だけが空を飛べる世界
何故か風邪で寝込んでいるはずの大臣など周りの人たちが
飛べない羽をつけてなんだか怠け者になっている


111 本当にあった怖い名無し:2013/04/14(日) 21:25:12.28
そこでは「ピ」が人間以外の動物から何か急かされており
「ピ」は大臣らを治療と言い注射をしたり温泉に入れたりしている
王さまはどれくらいで治るのかと聞くが
「ピ」はあと一時間くらいかな…?と答え
そこで悪魔イビリシがやってくる

イビリシは「ピ」には時間が存在しないため時間について
確かなことを口にするのはおかしい、何か騙されてるぞと王さまに言う
イビリシと「ピ」は喧嘩を始め「ピ」がイビリシのしっぽを
切り落としたことが分かる

そのとき動物たちが「ピ」に早く人間を食わせろと騒ぐ
イビリシの邪魔のせいで仕事を邪魔されたと「ピ」は怒る
王さまは「ピ」を疑い始める


113 本当にあった怖い名無し:2013/04/14(日) 21:37:37.21
「ピ」は王さまを時間でしばりつけいじめるイビリシを責めるが
時間は正確でなければいけない、と冷静なイビリシと言い争う

「ピ」は王さまをいじめる周りの人間は動物に食わせてやればいいと叫び
「わたしは王さまが大好き! 王さまのためならなんでもするわ!」
イビリシは王さまを誘惑する鬼と罵り互いに一歩も譲らない

王さまは二人の喧嘩を止めとにかく今夜は頭を冷やすように言う
イビリシが言うには
鬼も悪魔も嫌われ者の同類だけど
「ピ」は王さまをどこからかずっと眺めていて
王さまを好きになり、王さまを縛りつける時間を消し去ろうとしていた
全ては「ピ」が黒幕であり病気を広め
王さまにだけ治療薬を与えていた

王さまはイビリシと共に「ピ」の治療薬を盗み大臣らを治療し
元の世界に戻していく

「ピ」は発明の才能が有り特殊な薬を作り
イビリシを完全に殺そうとしていたが
時間を操るイビリシは不意打ちでなければほぼ無敵


114 本当にあった怖い名無し:2013/04/14(日) 21:45:21.75
「ピ」は時間を省略され数時間が飛んでしまい油断していた
イビリシは王さまに囁く
「さぁ、仲間を殺そうとした悪い鬼をやっつけろ!」
威勢よく王さまを突き動かすイビリシ
「ピ」の弱点は角
王さまがイビリシに言われ角をつかむとあっさり取れてしまう

「ピ」は目を見開いて王さまを見つめたくさんの涙を流す
涙で池が出来る位「ピ」は泣いて王さまに別れを告げる
「さよなら」
「……でも、王さま好きよ」と池に吸い込まれ消えてしまう
「ピ」は本当に王さまが好きなだけだった
時間がない存在だからこそ王さまを時間から解放しようとした

そしてすべては元通りになりイビリシが時間を元に戻し
王さまにとっては何も変わらない元の暮らしが戻る
だけど「ピ」のことはいつまでも王さまの心の中に残っていた


115 本当にあった怖い名無し:2013/04/14(日) 21:52:43.33
だらだら長い割りにぜんぜん面白くないのね

116 本当にあった怖い名無し:2013/04/14(日) 22:20:29.93
>>115
読んだの子供の頃ですのでそこはご勘弁を

絵がほのぼの系で
見開きでイビリシが「ピ」を王さまに殺させるシーンと
そのあとの泣く「ピ」がひどく哀しそうで印象に残ってたのですわ


121 本当にあった怖い名無し:2013/04/15(月) 02:36:23.51
>>116
じーんときた。
いいお話だと思う。
私は好きよ。

122 本当にあった怖い名無し:2013/04/15(月) 06:00:39.01
>>116
子どもからしたら邪魔な大人を消して自由に、
って一度は考える欲望だよね

 

王さまなくした時間 (ぼくは王さま)
王さまなくした時間 (ぼくは王さま)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...