ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その139 » ブラックジャック/第79話「弁があった!」(手塚治虫)

401本当にあった怖い名無し:2013/04/29(月) 10:56:10.66
漫画『ブラックジャック』より

ある日ブラックジャックの家に1人の女が尋ねてきた
彼女はブラックジャックのライバルであるドクター・キリコの妹ユリだった

彼女の話によると兄妹の父は重い病を患っているという
彼の病の治療は限りなく難しく、苦しむ父を前にキリコは安楽死させる事を選んだ
そこでユリは父が安楽死させられる前にブラックジャックに手術を依頼しにきたのだ

その後、ユリを連れ戻しにきたキリコも交えた協議の末、まずはブラックジャックが手術をし、
それが失敗した場合はキリコによる安楽死処置が執られる事になった

そして手術本番
手術中にアクシデントはあったもののリカバリーは成功、
後は閉腹して経過を見ようという段になって突然患者の容態が急変した
ブラックジャックは考え得るあらゆる状況を想定して治療にあたるが、
最終的に患者は死亡してしまった
実は前述のアクシデントの際、手術は失敗だと先走ったキリコが父に薬を打っていたのだ

患者を救えなかったブラックジャック、助かるはずだった父を殺してしまったキリコ、兄の手で父を失ったユリ
三人は深い悲しみと絶望に包まれた

というエピソード
治療をしたブラックジャックやユリはもちろん、
キリコの安楽死も「父を苦しみから解放するため」だというのが余計に後味悪く感じた


402本当にあった怖い名無し:2013/04/29(月) 11:44:59.21
結果的にいたずらに苦しみを長引かせただけだったのか・・・悲惨。

409 本当にあった怖い名無し:2013/04/29(月) 19:15:05.16
ドクターキリコのお父さんの病気は気胸で本来ならドクターキリコでも治す事ができる難しくない病気
しかし、なぜか治すべき気胸の穴が見当たらないので、仕方がなくキリコが安楽死を決意するのだが
キリコの妹が最後の望みでブラックジャックに治療を依頼する。

ブラックジャックも気胸の穴を見つけることができずに治療に難渋するが
ドクターキリコの父親が麻酔で呼吸が止まっている状態であることに着目し
呼吸のように口から空気を送ってみると空気の漏れる穴が呼吸停止中は隠れる弁であることが判明
治せるんだ!!と思ったのもつかの間、ドクターキリコは治療箇所判明の寸前に毒物を投与してしまっていたため
ドクターキリコの父親は死亡してしまうという話

 

ブラック・ジャック (10) (少年チャンピオン・コミックス)
ブラック・ジャック (10)
(少年チャンピオン・コミックス)
ブラック・ジャック21 DVD-BOX(アニメ)
ブラック・ジャック21
DVD-BOX(アニメ)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...