ホーム » 小説 » 児童文学・絵本・昔話 » シンデレラ(グリム童話)

497本当にあった怖い名無し:2013/05/05(日) 15:33:23.23
グリムのシンデレラは実母の墓に植えた木にお願いすると、
1日目に銀のドレスと銀の靴。2日目に金のドレスと金の靴を落としてくれる。
カボチャの馬車はないのでお城まで走っていく。
王子様が靴探しに来るのは同じだけども、義姉2人は足が大きくて靴に入らない。
その足を継母が「切ってしまえ」と唆して、1人は足の指を、もう1人はかかとを切り落とす。
それもバレてシンデレラが見つかると、今度はおこぼれにあずかろうとそばにピッタリ寄り添う。
結婚式のライスシャワーが目に張り付いて、そのライスを食べようと鳥が集ってきて目玉を抉られてしまう。
グリムは意外と容赦ない。

 

1812初版グリム童話〈上〉 (小学館文庫)
1812初版グリム童話〈上〉
(小学館文庫)
完訳 グリム童話集〈1〉 (岩波文庫)
完訳 グリム童話集〈1〉
(岩波文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...