ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その140 » 十億アクセスの彼方に(みやかけお)

17本当にあった怖い名無し:2013/06/02(日) 13:07:49.63
みやかけお「十億アクセスの彼方に」

とある家族が残したブログというコンセプトのWEBコンテンツ。

2004年11月25日
ひと組のカップルが入籍した。
新しく夫婦になった二人は婚姻届をブログにUPして喜びを語る。

2005年9月30日
夫婦に子供が産まれた。
夫は産まれた娘の写真をUPし、妻は家族よりも先に娘の実名をブログに晒す。

2007年10月30日
夫の浮気が発覚。
夫はブログで陳謝。妻は浮気発覚からやり直しまでを詳細に記録。

2012年4月6日
娘が小学校に入学。
夫婦は娘の写真をUPし、夫は後日動画もUPするという。

2016年7月16日
娘がブログを始めたいという。
夫婦は「ブログは心の証を残せる場所だから記録していきなさい」と娘のブログデビューを歓迎する。
娘は母の監視下のもとブログを始める。


18本当にあった怖い名無し:2013/06/02(日) 13:12:23.04
2017年1月1日
娘のブログが妻の監視下から外れる。
すると娘の可愛らしいブログデザインが一転、暗いデザインとなり、
娘は自分が幼少の頃から言われもない暴言を吐かれるなどのいじめを受けていることを
切々とブログに綴りはじめる。

2019年4月5日
娘は「互いのブログに干渉しない」というルールを破り、両親のブログを見る。
そこで初めて、両親が自分たちの生活を始め、
娘のプライバシー(失敗談や初潮が来たことなど)を赤裸々にブログに晒し続けていたことを知る。

両親はブログへのアクセス数を稼ぐため、自らの、そして家族のプライバシーを晒していた。
独身時代には自分等の性体験も綴っていた。
娘は今まで受けていたいじめや暴言が、両親のブログからだだ漏れていたプライバシーからだと知った。

「もう何処へ逃げても、自分が死んでも両親はそれをネタにブログを書き続ける。逃げられない」
と娘は絶望する。

対して両親は娘の苦悩も知らず、娘の中学入学を喜んでいた。
父に至ってはブログのアクセス数が10億を突破したことを喜んでいた。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...