ホーム » 小説 » 小説/か行 » 奇蹟をおこす男(H・G・ウェルズ)

155本当にあった怖い名無し:2013/07/17(水) 19:14:29.96
H・G・ウェルズの「奇跡をおこす男」

射撃ゲーム場の店員を務める青年は、
ある日酒場での些細な会話がきっかけで
奇跡を起こす力を手に入れた。

早速様々な事に試して楽しむ青年だったが、
ちょっとしたミスで奇跡の力で警官に怪我をさせてしまった。
青年は謝りながら警官に奇跡を起こす力の説明をするが、
警官はそれを信じずに青年を逮捕しようとする。
つい、カッとなった青年は警官を指差しながら
「貴様なんか地獄に堕ちろ!」と叫ぶ。
その瞬間、目前から警官が消滅し、
自分がとんでもない事をしでかしてしまったと
その場から逃げ去る青年。

しかし、罪の意識に苛まれた青年は
教会の神父に全て懺悔する。
最初は笑い飛ばしていた神父も、
いくつか奇跡の力を見せてやると信じるようになった。
そこで、神父は
「奇跡の力で悪事を犯したのなら、その分奇跡の力で善行すればよい」
と告げる。

それを聞いた青年は新譜と共に街に繰り出し、
奇跡の力で善行を重ねていく。
夜も遅くなり、「まだまだ善行し足りない」と神父は言うが、
青年は翌日も仕事がある為、帰って眠りたかった。

そこで神父の
「だったら時間を止めればいい、地球の自転が止まれば朝も夜も来ない」
との言葉を聞いた青年は地球の自転を止める。
その瞬間、強い衝撃と共に空に舞い上がる青年と神父、
そしてその他様々なもの。
地球の自転をいきなり止めた事で地上は大惨事になっており、
嵐や津波までもが襲いかかってくる。

青年は必死に止めようとするが、
何故か奇跡の力は通じず、絶望する青年。
どうにもならなくなった青年は
「全て元に戻してくれ!何もなかった事にしてくれ!」と叫ぶ。

気付くと、青年は奇跡の力に目覚めたきっかけの
あの日の酒場に戻っていた。
しかし、青年は喜びも安心もしなかった。
全て元に戻り、青年の記憶もなかった事になったのだから。


156本当にあった怖い名無し:2013/07/17(水) 19:26:21.64
平和になったならよかったじゃないか

157 本当にあった怖い名無し:2013/07/17(水) 19:43:29.81
>>156
奇跡を行使する力はそのままなんだから無限ループの完成じゃないか。

158 本当にあった怖い名無し:2013/07/17(水) 19:52:38.71
神父が自転云々を冗談で言ったのか本気で言ったのかが気になる

161 本当にあった怖い名無し:2013/07/17(水) 20:32:46.57
>>157
奇跡を行う直前の場面で終わっているからたぶん無限ループを示唆している
ただし、一番最初に語り手の青年の紹介がはいるので
青年がこの語り手と同じ世界の人間だとしたら無限ループだと問題が

 

タイム・マシン (創元SF文庫―ウェルズSF傑作集)
タイム・マシン
(創元SF文庫―ウェルズSF傑作集)
タイムマシン (角川文庫)
タイムマシン
(角川文庫)
タイム・マシン 他九篇 (岩波文庫)
タイム・マシン 他九篇
(岩波文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...