ホーム » 小説 » その他書籍 » ストーカー殺人のその後

312本当にあった怖い名無し:2013/07/20(土) 23:36:43.87
ある日の新聞に、
とあるストーカー殺人のその後の話が新聞に掲載されていた
ちなみにインタビューを受けたのは、被害者の父親

その記事によると、獄中にいた加害者から何度も手紙が届いていたが、
被害者を殺してしまった事を全く反省する文章は一切出てこない文面だった
それどころか「○○さん(被害者)といた楽しい日々を忘れない」的な事を書いている始末

そして刑期を終えて出所した加害者は、一通の手紙を父親に送ってきたそうだ
「自分が起こした事件の小説を書いてもいいですか?」

新聞記事だから大げさに書いてある部分もあるだろうが、
この記事を読んでて吐き気がした


313本当にあった怖い名無し:2013/07/20(土) 23:42:41.14
>>312
うへえ…親は堪らんだろうなこういうの
「被害者の分まで頑張っていきたいです」の栃木リンチ殺人思い出したわ

315 本当にあった怖い名無し:2013/07/21(日) 00:12:49.69
>>312
悪質なストーカーって一種の病気だよな・・・
更生させようにも、自分の行動は全て被害者のための行動
って認識しちゃってるわけだろ?
世の中を認識する方法が常人と完全にズレちゃってるんだから、
更生させようとしたら人格を消滅させて再教育するくらいの
「治療法」が必要になっちまうだろこれ

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...