ホーム » 小説 » その他書籍 » 代替医療解剖(サイモン・シン、エツァート・エルンスト)

294本当にあった怖い名無し:2013/08/31(土) 23:59:38.61
サイモン・シン/エツァート・エルンスト「代替医療解剖」から、1エピソード。

1799年、アメリカ。
ジャーナリスト、コベットは、米医療界の重鎮、ラッシュの仕事を批判する記事を発表した。
彼が強く推奨し、当時の医学界でも定石的治療法とされていた「瀉血」の効果に疑問を提起したのだ。
ふたりの争いは、裁判で決着することになった。
イギリス人の一ジャーナリスト、コベットと、「アメリカのヒポクラテス」と賞賛される名士のラッシュ。
案の定というか、コベットは不利な情勢に苦戦を強いられ、
結果名誉毀損として5000ドルの賠償を負う、完全敗北。

時は同じく1799年12月、、ひとりのアメリカ人が、瀉血による風邪の治療を受けていた。
190cmの体から、一日と経たないうちに体の半分以上の血を、瀉血で失った
ジョージ・ワシントン前大統領は、治療も空しく、67歳の生涯を終えた。


295本当にあった怖い名無し:2013/09/01(日) 00:01:23.77
「代替医療のトリック」じゃなかったっけ
原題がTrick or Treatmentと洒落が効いてる

296 本当にあった怖い名無し:2013/09/01(日) 00:04:46.72
>>295
ハードカバーはそう。
手元にある新潮文庫版の題名に準拠した。

 

代替医療解剖 (新潮文庫)
代替医療解剖 (新潮文庫)
代替医療のトリック
代替医療のトリック (単行本)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...