ホーム » その他 » 事件・事故 » ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

21本当にあった怖い名無し:2013/09/17(火) 19:20:22.29
ニュース系の話になるんでちょっとあれだけど。

サイクルロードレースというスポーツがあって、先週末、そのなかでも格式が高くく
グランツールと呼ばれるレースのひとつ、ブエルタ・ア・エスパーニャが終わった。

30歳前後の有力選手が多数いた中、もっとも厳しいコースで
そうした有力候補を全員、実力で引き離して優勝を決めたのは、
レース開始時には優勝候補トップテンにさえ名前のあがらなかった41歳のアメリカ人。
彼はこの結果、アメリカ人初のブエルタ総合優勝者と
史上最高齢のグランツール勝者という称号を手に入れた。
ここまでは中年カッケーっていういい話だったんだけど・・・

サイクルロードレースはドーピング検査が厳しく、選手は自分が泊まっているホテルを
検査機関に届け出てないといけない。当然このアメリカ人も届けていた。
ただ、優勝が決まったあとアメリカから家族が来たので、宿泊先を変更した。
もちろんその変更手続きもちゃんとやっていた。

ところが、検査機関が間違えて変更前のホテルに抜き打ちドーピング検査に行った挙句、
彼がいなかったからってドーピング検査規則違反だと発表しやがった。
てめーらのミスじゃねえか!

しかも今の規則だと、これでも選手の側が弁明しないといけなくて、
その弁明が認められなかったら最悪優勝取り消しになる。
事実関係がこの通りなら弁明は認められるはずだけど、
それでもドーピング検査違反は最悪優勝取り消しまであるから、とても落ち着けないだろうと思う。
ましてやお祝いに行った家族の心境思うと・・・・やりきれないよ。

厳しく検査をするのはいい。でもそれなら、自分たちの行動もきちんと律してくれ!


38本当にあった怖い名無し:2013/09/18(水) 07:11:19.86
>>21
えー!41歳すごい!と思って毎日見てたのに…
そんな検査側の不手際で取り消しとかなった
らこっちの感動のやり場がまたなくなるわ

ドーピング発覚やら後出し告発暴露やらで
年々見る気や競技への興味が薄れてくのが辛いわ
頑張ってる選手もいるんだろうになぁ


43 本当にあった怖い名無し:2013/09/18(水) 13:32:22.64
>>21
確かそれアームストロング問題以降に追加された奴じゃなかったっけか?
以前にもあったっけ?
なかったらまあ現場としても混乱するわなぁ。

まあ、取り消されかけてる方と見てる方には後味悪いけど。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...