ホーム » 小説 » 小説/か行 » 孤島の鬼(江戸川乱歩)

83本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 00:08:43.33
江戸川乱歩といえば孤島の鬼がひどい

主人公と彼に恋心を寄せる友人A。
Aは幼い頃母から性的虐待をされて女嫌いになっていた。
Aの出身地はとある田舎の孤島で両親は身体障害者。
実は父親は自らの障害のせいで世の中を憎んでおり、
貧しい家の赤子や捨て子を集めてはわざと障害を持たせて
見せ物小屋に売り飛ばす仕事をしていた。
赤ん坊の時から頭以外を石に埋めて大頭の奇形にしたり
顔の皮を剥いで動物の皮膚を移植したり
人工的なシャム双生児を作り出したりとやりたい放題。
A自身も実は夫婦に売られてきた赤子だったが、
なぜか気に入られそのまま健常児として育てられていた。

島に来た主人公とAがその秘密を知り警察に行こうとするが
父の部下に襲われて船は転覆、島の地下洞に迷い込んでしまう。
灯りをなくしたり海水が満ちてきたりとさまざまなアクシデントで極限状態の二人。
Aはついに一度でいいからと主人公を襲う。
そこへ都合良く捜索隊と出会い二人は無事救出されさっきの事はなかった事になる。

最後はAの義理両親は逮捕(父は自決だったかも)囚われていた障害者も解放され
主人公は恐怖から総白髪になるも分離された美しいシャム双生児の娘と結婚。
Aは後に病で亡くなった。主人公の名を呼びながら。

何がひどいって主人公は薄々Aの自分への思いを知っていて
拒絶するでも受け入れるでもなく、
それでいてAが自分にドキドキしているのを理解していて
思わせ振りな言動をとったり天然っぽくかわし一喜一憂するさまを楽しんでいた。
Aと障害者にさせられた人たちが可哀相で、
ちゃっかり嫁見つけてAにも見せ付ける主人公が後味悪かった。


84本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 01:03:59.01
主人公と友人Aの性別で混乱したけど
調べてみたら友人Aは同性愛者でどっちも男だった

85 本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 01:09:40.70
最初に書けば良かったな、ごめんね。
Aは自分が同性愛者だという事で悩んでおり、
主人公はへぇー大変だねーとか同情寄せる振りしつつ
好意自体は嫌がってないでモテモテ気分(相手男だけど)を
味わって浮かれているんだよ。

しかもラスト娘と結婚する時も「親友の君は祝ってくれるよね?^^」とか
Aの気持ちを分かっていながら見せ付けているのがゲスすぎてなんか…
これAか主人公のどちらかが女だったら最悪だろ。


86 本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 01:12:29.08
乱歩って同性愛とか少年愛とか多いの?
そういうの好きなの?

87 本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 01:21:56.48
乱歩の作品は性的に乱れたのが多い
近親相姦ぽいのもあった気がする
どれも意図的に薄気味悪く書いて恐怖をつのる作風だった気が

88 本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 01:28:21.34
主人公自身がAの魅力に惹かれつつ葛藤してたんでないの

89 本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 01:47:32.64
いやー、洞窟で襲われた時はどん引きして恐怖で逃げ惑ったし
最後Aが自分の名を呼びながら死んだと聞いてもフーンてな反応だったし
Aに対してはせいぜいが好奇心だったんだろう

106 本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 14:31:00.88
>>87
そんな作品を量産しておきながら
「僕、犬神とかそういうの大っ嫌いや」
って横溝正史に言うんだよな
ある意味後味悪いw
好きだけどw

108 本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 15:00:48.61
横溝は若い頃美少年だったから
乱歩が執拗に関係迫ったって話もあるね
横溝は耽美だけど、男色モノはほとんど書いてない
ホモか?と思うと実は女でしたーみたいな腐女子がっかりパターンが多い

112 本当にあった怖い名無し:2013/09/19(木) 16:44:48.90
>>108
乱歩は成人後髪に悩まされるけど、少年時代は美少年で
プラトニックに同級生(男)に恋してたとかエッセイで書いてたよ。
まんまホモなのは上にある孤島の鬼くらいだけど。
もっともガチゲイってわけでなく、普通に奥さんいるし
当時は同性愛に寛容と言うか先輩後輩の関係とか普通だったみたい。
マリア様が見ているの女子高のシスターみたいなノリ?

 

孤島の鬼 (江戸川乱歩文庫)
孤島の鬼 (江戸川乱歩文庫)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...