ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その143 » 妖怪始末人トラウマ!!(魔夜峰央)

3511/2:2013/09/26(木) 12:03:13.22
魔夜峰央「妖怪始末人トラウマ!」から

小学校低学年で才能を見いだされて妖怪始末人になり、
人間に害をなす妖怪を始末人ギルドの指令を受けて倒す少年、虎馬猫太郎(通称トラウマ)と
お目付け役の貧乏神コンビが主役の活劇ギャグ漫画。
(トラウマは見た目小学生だが学校には通っていない)

トラウマはまだ下級始末人なので仕事も報酬も少なく、
二人は空き地に勝手に建てた掘っ建て小屋に暮らしてごみを漁ったり、
腹痛を起こした子猫に薬草を処方して母猫から猫缶をわけてもらったり、
商店を手伝ってお駄賃に食料を現物支給してもらったりして生活している。

塾をさぼってぼんやりしていた、トラウマと似たような年格好の男児と仲良くなるが、
その子は中国の妖怪に取り憑かれる寸前だった。
男児の父は平凡なサラリーマンで、
母の命令で小遣いを削られ飲み会もタバコも禁じられて週六日の塾代を捻出していた。


3522/2:2013/09/26(木) 12:04:17.40
男児が塾をさぼったと知った母は怒り狂い、
日曜にももう一ヶ所塾に通わせる、塾代は父の小遣いゼロと昼食抜きでなんとかなる、
今勉強させていい大学に入れてやらないと父のように苦労する、と叫んだ。

男児に取り憑こうとしたのは、古代中国で科挙のために母親に猛勉強を強いられて
虐待死した少年が、死後妖怪になったものだった。
男児の絶望につけこんで現れた妖怪は、男児を妖怪に変えて仲間を増やすつもりだった。

経緯はうろ覚えだが、トラウマと貧乏神は妖怪を倒したが男児はすでに妖怪に殺されていた。
泣き崩れる両親を置いて掘っ建て小屋に帰った二人。
肩を震わせて静かに泣くトラウマを、
「トラウマ君のせいじゃない。誰のせいでもない。…強いて言えば社会が悪いんだ…」
と慰めるしかない貧乏神だった。


353 本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 12:53:01.27
トラちゃんの親とか家族は始末人ギルドにトラちゃんの存在した記憶を消されてるんだよね。
ギャグだけど結構シビアな設定で、アイテムのおかげで強いけど攻撃に対する耐久力が無いので
後に強大な敵の九尾狐を倒したけど死んじゃうんだよね。

 

妖怪始末人トラウマ!! (1) (秋田文庫)
妖怪始末人トラウマ!! (1)
(秋田文庫)(全4巻)
妖怪始末人トラ・貧!! 1 (秋田文庫 47-11)
妖怪始末人トラ・貧!! 1
(秋田文庫)(全2巻)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...