ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その143 » 残酷の一夜(楳図かずお)

823本当にあった怖い名無し:2013/10/10(木) 20:35:07.22
楳図かずおの漫画から

子供が生まれたばかりの夫婦の元に全身黒づくめの男が訪れる。
男は自身を死神と名乗り、鞄から水晶を取り出して見せた。
「今なら間に合う。その赤ん坊を今すぐ殺しなさい。でないと・・・」
水晶には、年老いた夫婦を殺そうとしている傷だらけの男が映っていた。
いきなりのことに憤然とした夫婦は、その男を病室から叩き出した。
そして、深い愛情を注いで育てるよう心に誓った。

数十年後、子供は立派なサイコパスに育った。
恋人を惨殺し、指名手配されて、傷だらけになった子供を、かくまおうとする夫婦。
だが、猜疑心の塊のような子供は両親を信用せず、殺害してしまう。
死ぬ瞬間、父親の脳裏に病室での光景がよぎる。
あの時殺しておけばよかった・・・

「いかがですか?未来の光景は」
そう言うと男は水晶を鞄に戻し、赤ん坊の顔に手を当て、部屋から去った。


826本当にあった怖い名無し:2013/10/10(木) 22:08:54.10
>>823
『嵐の一夜』だっけか。補足。

子供が生まれたばかりの夫婦の元に、小汚い身なりの男が現れ、
夫婦に「今すぐその子を殺しなさい」と命ずる。
「その子は世間を震撼させる悪党になるのです」
勿論そんな言葉など信じない夫婦に、男は穴の開いた木箱を渡し、覗くように促す。

男を叩き出し、平和な生活が続く。
すくすくと成長していく息子だったが、幼い頃から生き物を殺す悪癖があった。
幼児期の残酷性だと済ませる夫婦だったが、時は流れ、息子は家出してしまった。

それから数年後の嵐の夜、凶悪な顔つきの男が夫婦の家に入り込む。
彼こそが息子の成れの果てであり、全国的に指名手配を受けた猟奇連続殺人犯だった。
変わり果てた息子を受け入れられず、警察に連絡しようとした夫婦は息子に惨殺されてしまう…。

「どうでしたか? これがこの子とあなたがたの未来なのです」
男の声にハッと我に返る夫婦。現実の世界ではほんの数秒しか経っていなかったのだ。
男は眠る幼子の枕元に身を屈めると、その小さな口を覆い、殺害する。

「では…」
木箱を抱え去っていく男に何も言えぬまま、夫婦は身を寄せ合うのだった。
窓の外では嵐が吹き荒れる…

という理不尽系な話。

 

楳図かずお ビッグ作家 究極の短篇集 (ビッグコミックススペシャル)
楳図かずお
ビッグ作家 究極の短篇集
(ビッグコミックススペシャル)


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...