ホーム » 小説 » その他書籍 » 弱小国

18本当にあった怖い名無し:2013/10/15(火) 13:09:33.25
昔読んだ本にあったんだけど、

「国は、まるで人間の人生のようだ。
 強い国は、その力を脅かされる恐怖こそあれ
 おおむね安寧に国家を維持できる。

 しかし弱小国は、国家を維持するため手段を選んでいられない。
 古代より歴史のうちで、小さな国が生き残るためには
 戦争をできる限り回避し、大国の庇護を得るのが常だった。

 しかし大国の冊封下に入れば、
 他の中小国や大国から日和見と非難され…
 その土地を狙う国からは攻め込まれる。
 長く戦う力を持たない小国はあっという間に敗北し、
 民はさまよい、歴史の波に埋もれるのが摂理であった。
 この現象は現代においても変わらない。

 大国の明確な庇護を得られない弱小国は、
 国家の維持のため他国に噛み付き、攻め入られる隙を与えぬよう努める。
 だが国を守るためのその行為が、他国の反感を買い、孤立を招く…
 そしてさらに、安寧な国家運営の道は遠のく…
 この負のスパイラルが変わらず存在している」

小さな国は切ねえな…


22本当にあった怖い名無し:2013/10/15(火) 15:59:20.51
>>18
スイスがフランスとドイツを退けることができたのも、
スイス兵が見せた「俺達は全滅するまでお前らを殺してやるぞ」
っていう悲壮な決意の結果だもんな

まぁスイス自体が資源は無いし土地も細いしで
魅力にかける場所だったってのもあるけど・・・


23 本当にあった怖い名無し:2013/10/15(火) 16:14:58.47
しかも、弱小国の意見とか歴史は大体封殺されて、
勝者の国に都合がいいよう書き換えられるから、更に悲惨。

後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...