ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その144 » 或る愛情の死(平山夢明)

202本当にあった怖い名無し:2013/10/22(火) 18:54:34.64
平山夢明の「或る愛情の死」

両親と息子二人の家族の話。
ある日一家四人で車に乗っているところ事故に遭う。
両親は脱出するが後部座席の息子たちは自力で出てこられない。
父は長男を、母は次男を助け出そうとするが、ガソリンが漏れてきて時間がない状況に。
父は足が不自由で一生歩けないと医師に診断された長男の救出を途中でやめ、
次男の救出に切り替えてしまう。
結果次男は助かるが、長男は亡くなってしまう。

母はその日以来父を責め続け、また黒焦げになった兄の幽霊が見えると怯える次男に対しても
「あなたのお兄ちゃんなんだから怖くないでしょ」と冷たくあたる。
そんな母にとうとう父はキレ、あいつは障害があるんだよ!歩けないんだよ!と叫び、
母はやっぱりそう思ってたから見捨てたのね、あなたがあの子を殺したんだ、
あなたが死ねばよかったと言い、家庭はめちゃくちゃに。

そんなある日家に警察が訪ねてくる。
いわく、長男が通っていた病院の医師が逮捕された、
薬物(だったかな?うろ覚え)をやっており、正常な判断が出来ず、患者に間違った診断をしていた。
おたくの息子さんも治療すれば治り、また歩けるようになると……
それを聞いた母は何も言わず家から居なくなってしまう。

ある日父が帰宅すると次男が泣いている。
どうしたのか問うと、兄がいると言う。
父はそっと部屋を覗く。そこには黒焦げに見えるよう刺青を入れた母がいた。

「或るろくでなしの死」という短編集のひとつなんだけど、この本は全体的に後味悪い。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...