ホーム » テレビ » その他テレビ » フィギュアスケートの現実

64本当にあった怖い名無し:2013/11/18(月) 23:33:46.32
二十年くらい前にとある選手が語っていたフィギュアスケートの現実。

数あるスポーツの中でも金がかかると言われるフィギュアスケート。
衣装代や練習料など、何千万単位で金がかかり、
一流選手になるためには一流のコーチにつかねばいけないため、
フィギュアを習うためにかかる金は天井知らずとも言われている。
語っていたのはとある国の選手で、世界でもトップクラスの実力の持ち主だった人。
彼女いわく「一億出せば誰だってフィギュアスケーターにはなれるわ」とのこと。

「アフリカの子供たちが、将来の夢はサッカー選手っていうのは
 サッカーがお金もかけずに才能だけでプロになれて
 お金が稼げる数少ないスポーツだって子供ながらに分かってるからよ。
 サッカーは黒人でも点が取れるわ、ゴールに入れさえすればね。
 でもフィギュアはそうはいかないの」

その選手によれば、フィギュアスケートは、
その語源からも分かる通りどうしても美貌>>技術の側面が強い。
同じくらいの実力で、たとえば一方が日本人選手、もう一方がロシア人選手だとしたら
ロシア人選手のほうが審査員の印象はよいものなのだ。
そのため、どうしてもアジアでは体格のいいチャイナやコリア、黒人より白人が、
白人の中でもロシアや北欧が美しいと見られる傾向にあるという。


65本当にあった怖い名無し:2013/11/18(月) 23:34:41.92
「私はね、そこまで才能はないわ。
 トリプルアクセルなんて三回に一回しか成功しないし、
 スピンも体の軸がわずかにぶれるし、ステップもキレがないって自分で分かってる。
 私のママはお金があった、そしてフィギュアスケートというスポーツを知っていた。
 だから私は4歳からフィギュアを習った。
 でもね、本当にフィギュアをやるべき人は他にいるのよ。
 
 世の中お金持ちなんてそこまでいないわ。
 それに、自分にフィギュアスケートの才能があるって知ってる人がどれだけいるかしら?
 きっとスケート靴を履く機会もなく、貧しい子の中にものすごい才能を持った子がいるはずよ。
 
 でもフィギュアスケートはそんな子たちに門戸を開いていないの。
 貧乏人なんか最初からお断りよ。
 才能のある子を発掘するって簡単に言うけど、
 それなら国中の子どもたちにスケートを一日やらせて見ていくしかないわね、
 そんなことをするのはルーマニアやソ連くらいのものよ。
 
 たとえば今私がインタビューを受けている東京。
 このビルに来る途中も、車の中から屋根の壊れかけたあばら屋で
 髪を洗っている女の子を見たわ。とても背が高くて手足が長かった。
 あの子がフィギュアをやればさぞかし映えるでしょうね。
 でもあの子がフィギュアをすることはきっと一生ないわ。
 そういうものよ、私はそれが悲しいからフィギュアが大好きで、嫌いよ」

フィギュアってあんなに見た目きれいだけど、
確かにそこまですごい才能の選手ってなかなかいないし、
所詮金の力ってのが見え隠れするから嫌だな…と
このインタビュー見てからフィギュアを純粋な目で見れない。


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...