ホーム » スレ別 » 後味の悪い話 その145 » 筆ペンしんちゃん

612本当にあった怖い名無し:2013/12/05(木) 06:28:02.13
今は閉鎖されたサイトの筆ペンしんちゃんっていうパロディweb漫画
全体的に陰鬱な空気で後味どころか全部悪いんだが・・・

マサオくんはヤクザの下っ端となり23歳にしてネネちゃんを妊娠させた。
しんのすけはそのことよりも自分が未だ童貞のことに腹を立てている。

ある日マサオくんがネネちゃんに会いに行こうとすると
ボーちゃんとネネちゃんが二人で会っている所を見てしまう。
元々ヤクザの下っ端のマサオくんと刑事となったボーちゃんとで
仲が上手く行ってなかったマサオくんは二人の関係に疑念を抱いてしまう。

風間くんは22歳の時に会社を設立し年商160億円のエリートとして
マスメディアでも有名人となり世間に持ち上げられた。
マサオくんはそんな彼を尊敬していたが、
風間くんは財閥にハメられ刑事事件に発展する程の不祥事を起こしてしまい、逮捕される。
その風間くんを逮捕したボーちゃんに対し
マサオくんは自分の出世の為にボーちゃんは風間くんを売ったと考えてしまう。
ボーちゃんが今でもしんのすけと仲がいいのは童貞と偽りしんのすけを騙しているからだなど
マサオくんの中で様々なボーちゃんへの疑惑が芽生え、確信に変わっていく。


613本当にあった怖い名無し:2013/12/05(木) 06:28:54.08
そしてある日マサオくんとボーちゃんが二人で会う。
マサオ「お前は風間くんを自分の昇進に利用したな」
ボーちゃん「違う」
マサオ「しんちゃんに童貞と嘘をついて仲良くしている」
ボーちゃん「違う」
マサオ「騙されてるのは俺もだ。ネネちゃんとデキてるな」
ボーちゃん「違う」
マサオ「ネネちゃんのお腹にいる赤ん坊、父親は誰だ」
ボーちゃん「違う。俺は何もしてい無い。おろせ」
マサオ「そうか。残念だよ」

銃声

その頃
「ネネさん!産まれましたよ!」
ネネ「はぁっ….はぁっ….!」
赤ん坊「あぁーっ!あぁーっ!」
ネネ「あぁ….あの人そっくりの….」
赤ん坊「あぁーっ!あぁーっ!」
ネネ「オニギリ頭….」
赤ん坊「あぁーっ!あぁーっ!」


後味悪い
(後味悪ければクリック)
読み込み中 ... 読み込み中 ...